長男と一緒に不登校を楽しもう

小3の長男が不登校になりました。

ついに、じいじが不登校の長男にブチギレ。41年目にして初めて見る父の姿。

前回に引き続き、じめっと暗い話になるかもです。ごめん。

 

前回書いたことにこりずに、不登校の長男のことで私の両親を頼りました。

 

午前中、不登校の長男を両親に見てもらっていて、お昼休みに合流しました。

午前中のあいだは、順調だったみたいです。

 

私は両親と長男と4人で食事をするため、とあるレストランの予約を入れていました。でもそのことを両親と長男に伝えることを忘れていました。

その結果、長男は食べる気満々だったカツカレーをあきらめて、私が予約していたレストランについてくるはめになりました。

今回のトラブルの直接の原因がなにかと言われれば、まさにこれで、私の連絡不足がまねいたことです。

 

ふつうの小学3年生(あえてそう書きますが)であれば、カツカレーから別の料理に切り替えることができるんでしょうが、うちの長男はそうはいきません。

 

「レストランの料理はぜったい食べない」

 

と宣言し、本当に食べないです。いままで、何度もそういうことがありました。

 

だから、私は長男に丁寧に謝罪し、レストランの料理はたべなくてもいいよ、あとからカツカレーを食べてもいいよ、と伝えました。予約をいれていたレストランでの食事を平穏なものにするためでした。

 

レストランに到着した長男は、ぶすくれて、案の定「ぜったい食べない」と言いました。おそらくですが、これくらいで済んでいれば、あの惨事はなかったのではないかと思います。

 

しかし、しばらくして、長男がレストランの椅子のうえで、ぐでぇーと寝そべりはじめました。あ、これはさすがにまずいと思い、「ちゃんと座ろうね」と優しく声をかけました。でも、ダメでした。私の言うことをききません。しばらくして、私の父、じいじがブチ切れました。

 

「ちゃんと、座らんか。そんなふうにしているひとは、だれもいないだろ!」

(録音したわけではないので、多少そごはあると思いますが、こういうセリフ)

 

長男は、ふてくされたまま、じいじに背を向け、立ち上がろうとしました。

(たぶんね、私にとってもあまりの出来事だったので、記憶があいまいな部分があります)

 

そしたら、じいじが、長男の服の襟首を後ろからつかんで引き寄せ、椅子に無理矢理座らせたのです。

(この記憶は鮮明)

 

そして、ちゃんと座れだの、そんなこともできんのかだの、周りを見てみろだの、そういう説教があったと思います。長男は号泣。

 

それなりにおしゃれなレストランだったこともあり、そのままにするわけにもいかず、私はすぐさま長男を連れて店の外に出ました。

 

正直に打ち明けますが、あんな父の言動を見たのは、41年生きてきて初めてのことで、私の心の臓もバックバックでした。

 

とりあえず長男に、つらかったね、びっくりしたね、と声をかけ、なんとか気持ちを落ち着かせようと試みました。

ところが、信じられないことに、父もレストランから出てきたのです。

 

幸いに、どなりつけることはありませんでしたが、それでも説教は続きました。

 

泣いていても、何も解決にならないと。

自分の思うことは、ちゃんと口に出せと。

そして、さらにそこから派生して、不登校を否定するような言葉が出始めました。

 

もちろん、そんなんで長男が泣き止むわけがないですよね・・・

 

私は、説教する父をとめることができませんでした。そんな説教しても意味がないと思う気持ちが3分の1。でももしかしたら、ふだん温厚なじいじがこれだけ言えば、なにかしら変わるかもという思いが3分の1。そして恥ずかしながら、本当に初めて見る激高する父に対して私自身がひるんだのが3分の1。

 

しばらくして、父も少しは冷静になり、長男もなきやみましたが、もちろん「じゃ、食事の続きを楽しもうか」なんてなるわけもなく、そのままお開きとなりました。前菜しか食べませんでした。

 

あ、ここまで母に関する言及がありませんでしたが、ブチ切れる父を察してとめようとこころみていましたが、それはかなわず、レストランの中にもどると、身内の通夜かと思うような顔で食卓についていました。

 

さすがにもう、私が長男のことで両親を頼ることはないと思います。こんなことになって、長男に申し訳なく思っています。かわいそうなことをしてしまいました。幸い、長男はじいじに叱られた1時間後にはケロッとしていましたが、それでもショックは受けたのは間違いないですから。

 

長男の不登校を打ち明けて以降、父は事あるごとに、厳しく接したほうがいいと言っていたのです。でも、まさか、あれほど温厚だった父が、あんな言動を長男に対してするとは思いもしませんでした。

 

不登校は、人を変えてしまうのですね・・・

 

どうしてそんなにゆるせないんでしょう。

 

長男を心配しているから、厳しいことを言うのだ、と両親は言います。かくいう私も同じように考えていたので、その気持ちはほんとによく分かる。

 

でも、不登校がはじまって2ヶ月以上が経過して、ようやく僕も、厳しく接することが長男にとってなにもいいことを生まないことを学びました。

 

厳しく接するのは、自分の思い描くレールを走らなくなったことへの焦りと不安が、形を変えて、長男に刃となって向かっているだけ。心配じゃない。

 

いますべきことは、学校に行かないという長男の選択を尊重し、見守ってあげること。長男のことが心配だというのなら、いろんな環境を準備してあげること。長男の安心できるものをひとつでも多く。でもその環境を選択するかは、長男の自由。長男の人生は、自分の管理下にあるわけでないと自覚すること。彼の人生は、自分の人生と同じ高さで続いている。

 

私の同僚や友人、小学校の先生方は、長男の不登校に理解を示し、あたたかく受け入れてくれています。だれひとりとして、私たち夫婦の育児を非難したり、説教してきたりしませんでした。私がめぐまれてるだけかもしれませんが、不登校への理解は確実に進んでると思います。

 

にもかかわらず、一番の味方だと思っていた両親とこういうことになるのは皮肉なものですね。当事者は冷静でいられないという気持ちも痛いほど分かりますが。