長男と一緒に不登校を楽しもう

小3の長男が不登校になりました。

長男の不登校を両親に打ち明けたら、育児放棄を指摘され、妻が仕事を辞めないのはなぜかと問われた話。

久しぶりに扇動的なタイトルをつけてしまったが、それくらいに僕にとってショックの大きい一日だった。まるで自分しか見ることのない日記に殴り書きするようにいまから書いてしまいそうだが、ここはインターネッツ!! 不特定多数の世界中の人々に発信することになると思うが、それでもいいや、という心境である。いま、ここで吐き出すことが僕の心身を健全に保つために必要だと思うから。

 

長男(小3)の不登校についてはいままでもブログにしたためてきたが、夏休みを明けても登校のめどが立たず、仕事を遅刻したり職場に連れて行ったりということに限界を感じてきていて、ついに実の両親に打ち明けた。

 

僕の両親、特に母親は僕と似たような性格、考え方をしているので長男の不登校を打ち明ければかなり心配をかけるであろうことは容易に想像がついた。案の定、打ち明けたその日の夜には片道4時間をかけて飛んできてくれた。もちろん、両親に打ち明けるというのは、長男のそばに日中いてほしいという要望とセットであり、飛んで来てくれたことにはとても感謝している。

 

ただ、両親に打ち明けた電話のなかで、長男に長い時間留守番をさせていることを心配するあまり、両親から「育児放棄になってしまうよ」と指摘された。特に父にしては珍しい語気で。そのことがひどく僕の心を傷つけたのである。

 

なぜこんなにもショックを受けたのか、分かるようで分からない。無意識に考えまいと心の奥底に押し込めていたうごめく感情を、クリティカルにつつかれたのだろうか。たしかに小3の子どもに、長いときで半日近くひとりで留守番をさせていたのだから、育児を放棄していると言われても仕方がないのかもしれない。夫婦ともに職場につれていけるときはそうしていたけれど、どうしようもないときは留守番をさせていた。また留守番をさせてみて、そのあまりのつまらなさに、やっぱり学校に行こう、となってくれないかという期待もあった。しかし結局八方ふさがりになったから、両親に相談したんだけどね。そこをくんでもらえなかった、つらさなのかな。

 

さらに追い打ちをかけるように言われたことが、妻が仕事をやめることを考えないのはなぜか?という問いかけ。僕の母は専業主婦だったし、時代も時代だったから、そういう発想はごくごく自然なものなのかもしれない。いまはなにをさておいても、長男のことを第一に考えるべきだと。

 

いやね、正直に言うと、妻が仕事を辞めるなんて発想はみじんもなかった。そのことに正直自分でも驚いている。というのも、かつての僕であれば両親と同じように考えてもなんの不思議もなかったからだ。

 

しかし、3人の子どもを育てていくなかで、妻が仕事を辞めるなんて選択肢は僕の頭のなかからきれいさっぱり消えていた。なぜか、と説明するのはすごく難しいけれど、仮に妻が仕事を辞めて長男につきっきりになったとしても、長男にとってよい作用があるとはまるで思えなくなっている。

 

妻にとって仕事はとても大切なものだし、妻もメンタルに不調をきたしやすく育児のストレスをかかえこみやすいし、そもそも仕事と育児を秤にかけるという発想が、もう僕のなかであまりにもナンセンスになっている。きのこの山と、たけのこの里を比べるくらいにナンセンスなのだ。でもだからこそ、人々はその議論に取り憑かれるのだろう。

 

いまの僕の心境について、どんなに言葉を尽くそうと両親には理解してもらえないだろうという、変な確信がある。いや、言葉を尽くす気力が、僕のなかにもう残っていないのかもしれない。

 

以上のようなことを両親から言われて、ガーンと鉄槌のようなもので胸をはげしくうたれたのだが、これは絶対に妻には打ち明けられないと思った。

思ったのだが、しばらくして、いや、これは伝えておかないと、のちのち何かの拍子に耐えきれなくなった両親が妻に、その言ってはならない一言をもらすのではないか、そのことに恐れをいだいたのである。であるならば、両親の考えをそれとなく伝え、万が一に備えておいたほうがよいのではないか。備えあればなんとやらである。避難訓練とでも言おうか。面と向かって言われたときのショックを多少はやわらげるかもしれない。

 

かといって、僕の口から妻にこのことを話せなかった。話せるわけないではないか。どんなふうに言葉を選んで話そうとしてもこれは厳しい戦いになるという弱腰。で、ブログなのである。

 

このブログは妻も見ている。おそらくこの記事も見るだろう。でもなんか、ブログ経由であくまで一読者として、まるで他人事のように読んでもらったほうがショックをかろうじて軽減できるのではないかという都合のよい解釈。どうか、やわらかく、妻のもとに届いてほしい。

 

さてこのまま締めくくると、毒祖父母などと僕の両親がたたかれそうなのでフォローをしておかねばなるまい。

 

両親の思わず口から漏れ出た言葉は、なんの不思議もない、孫を愛するゆえのごくごく自然なものであろう。僕だって自分の子どもから、孫が不登校なのだと打ち明けられたら気が動転し、言わなくてもよいいろんなことを、あれもこれもと僕の両親以上に口走りそうである。

 

長男の不登校が発覚して、約2ヶ月が経過して、ようやく僕はこの心境なのだ。そりゃあ2ヶ月前はあせったもん。ツイッター読み返せばはっきりする。だから両親の今日の反応は正常。毒祖父母じゃない。炎上要素はない。

 

ましてや両親は片道4時間をかけてすっ飛んで来てくれたのだ。70歳も近いというのに。ありがたいことではないか。多少の小言があっても、補ってあまりある行動力である。

 

そういえば、今回のことで思い出した。長男はそれはもう体調をひどくくずす子で、3歳になるまでに5回の入院をした。そのとき、僕は妻にこう言ったのだ。

 

「ねえ、君が仕事を辞めて長男くんを家で見たほうがいいんじゃないかな」

 

なるほど、なるほど。今日、両親から僕が言われた言葉とおんなじではないか。あのころの僕はそういう思考をする人間だった。それがこんなにも変わるのだから、人間ておもしろい。

 

入院を何度も繰り返す長男を見て、ああ、元気でいてさえくれればそれだけでいい、と心から思ったあのころ。あら、てことは、不登校なんて取るに足らない問題でしょ? ちがうかしら。

 

あー、久しぶりに、感情を吐き出した。

 

最後にひとこと。

ありがとう、お父さん、お母さん