ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

小学2年生の息子に宿題の習慣をつけるために我が家でやっていること

もう何度も書いたことなので、あらためて書くのも面倒なのだけど、もしかしたらこの記事を最初に見る人もいるかもしれないので書いておく。

 

小学2年生の長男は宿題をやらない。もう驚くほどやらない。そしてやらないことで本人は(おそらく)あせりのたぐいを感じていない。先生には宿題をやってくるよう、もちろん言われているが、ほとんどこたえていない。

 

長男に宿題をさせるため、私もいろいろと画策したが、どれも功を奏することがなかった。先生と私のあいだで、連絡帳や電話を通じて何度も長男の宿題のことで話し合った。非常に親身に接してくださる先生であることをまずは明記しておきたい。

 

長男に宿題をさせるため、あらゆる方法を試したと書いたけど、ひとつゆずれないことが私にはあって、宿題を無理矢理させることで、勉強嫌いにはしたくないのだ。だから、基本的に宿題をやらないとペナルティを与えるという手段はとってこなかった。

 

ようやく本題なのだが、ある日先生からこの方法を試してみては?と提案されたのが、長男と一緒に宿題に向かい、例えば計算ドリルであれば問題部分は私が書いて、答えだけを長男に書かせるというものだった。

 

宿題はあくまで本人がやるべきものという固定観念があった私にはこのやり方は驚きだったし、正直それでいいの?と思った。しかし、担任の先生がおっしゃっているのだしと、とりあえず試してみることにした。

 

その結果、100パーセントうまくいってるわけではないけれど、おおむね良好な仕上がりとなった。漢字ドリルであれば本来は同じ漢字を十数回かかないといけないが、長男には5回だけ書かせている。そのほかは、私が書いているのだ。まさか40歳にもなって漢字を書き取ることになるとは思いもよらなかったよ、わしゃ。

 

計算ドリルにいたっては、問題のみならず答えも私が書いている。長男は計算を口で答えるだけ。例えば「12引く5は?」と聞いて「7」と答えさせて、私がノートに7と書く。3桁の筆算とか40歳には微妙に難しく、ボケ防止になっている。やったね!

 

そんなこんなでなんとか宿題をやっているのだが、こんなやり方にどれほどの意味があるのか、と思われるかたもいるかもしれない。そんな人のために書いておくと、このあいだの3連休の最終日、長男が自ら「宿題はいつしよう」と言い出したのだ。あの長男が!

 

長男の頭の中に、宿題をやらなきゃという意思が芽生えた瞬間であった。おそらく、宿題をやらない(やれない)子とひとくくりにするのは乱暴で、そのやれないには様々な段階がある。やろうと思っても授業内容を理解しておらずやれない子、集中力が続かない子、宿題の存在を忘れている子、そもそもやろうという気持ちにさえならない子。

 

長男の場合は、上にあげた宿題をやれないパターンのすべてに該当しているような気もするが、私と一緒に席につき、私がえんぴつを手にしてノートに書くことで、ようやく宿題の習慣が身についていっているように見える。宿題に取り組むハードルが下がったのだ。ほんとに少しずつだけど。まずはこうやって、宿題をやるという習慣を身につけることが先決で、学力をつけるというのは、二の次、三の次という感じだ。

 

ちなみに完全に自力で長男に宿題をさせていたころは、なんとか机に向かっても、最初の漢字の途中(例えば横線引いただけとか)で、ばたりと突っ伏したり、寝そべったり、部屋を出ていったりだった。本当にたった一文字の漢字を書くだけに10分とか平気でかかる。そして妹への暴言暴力でストレス発散をし始める。長男の宿題が家族全員のストレスになって重い空気で満たされるのだ。大げさでもなんでもなく。本人の学力向上につながるともとうてい思えない。

 

現在の長男の宿題ノートは、ほとんど私が書いているけれど、それでもまずは平穏に宿題の習慣を身につけさせるには、とてもいい方法のように思う。ただし、私と同じような悩みを抱え、この記事を読んで同じ方法を試そうと思われる場合は、まずはそのことを担任の先生に相談したほうがよいだろうと思います。

 

twitter やってます

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。