ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

やりたいことを見つけた長男へ

いま、お父さんは40歳で、君は7歳だ。何年後にこの文章を読むのか、はたまた読むことなどないか分からないが、素直な気持ちを綴っておく。

 

この数日、君は突如、絵(イラスト、マンガといったほうがいいか)を描く楽しさに目覚め、毎晩筆をとっている。筆というと大げさに聞こえるかもしれないが、本当に小学2年生には似つかわしくない筆ペンを握って描いている。なぜだろう。筆が欲しいというので、とりあえずお父さんは筆ペンをあげた。

 

君はこのブログでも多々触れてきたように(事後報告で申し訳ないけれど)個性的な、クセの強い子どもだ。クラスでは(おそらく男子でただひとり)赤の上履きをはいてるし、思い通りにいかないといまだに癇癪を起こして号泣するし、宿題を平気でビリビリ破いたりもする。

 

お母さんはそれほど心配していないようだが、お父さんは君が社会でやっていけるのか、とても心配だ。心配・・・いや、そういうと聞こえがいいが単純にお父さん自身が不安なのかもしれない。

 

学校の授業についていくことも大変な様子なので、君にはなにかしら手に技術をつけてあげたらいいかもしれないと考え、4歳のときにピアノを習わせてみた。このときも君は猛烈に反発してすぐにやめた。短い期間だったにせよ、なかば強引に通わせたことについては申し訳ないと思っている。言い訳になるが、ピアノのように個人で熱中して取り組めるものが君には合っているんじゃないかと思ったのだ。

 

その後、プール、空手、プログラミング、体操、演劇などいろいろ体験してみたけど、どれも空振りだった。まあ、まだ2年生だしそこまで焦ることはないかとお父さんはしばらく様子を見ることにした。幸い、学校にはそれなりに楽しそうに通えていたしね。

 

そんな君がある日、絵を描き始めた。ひとつのきっかけだろうと思われるのは、学童保育で出会ったマンガなのだろう。君はこのマンガについて語るとき目を輝かせていた。

 

なんと! でんぢゃらすじーさん 1 (1) (てんとう虫コロコロコミックス)

なんと! でんぢゃらすじーさん 1 (1) (てんとう虫コロコロコミックス)

 

 

 

お父さんが君の関心をひこうとあれこれ試してみたときには、のれんに腕押しという感じだったことについて、多少の落胆がなかったと言えばうそになるが、そんなことよりも、君自身が自分の好きなものを見つけてきたということが何よりも嬉しかったよ。君は我が家にある絵本をすべて描くのだと自分で目標を立て(絵以外では君は目標を立てるのがとても苦手なのに)毎日模写している。驚くべき集中力で。

 

この先、ずっと絵を描き続けるのか、新しい何かを見つけるのか、そんなことは分からないけれども、これをしていると楽しいと思えるものは大切にしてもらいたいと思っている。そういうものが、これから先の君の人生においてきっと拠り所になるはずだから。

 

それにしても、もしも君が漫画家にでもなろうものなら、40歳になってもプロの小説家になることを夢見ているお父さんの想いを継いでくれるのが君なのかもしれないなと感じられたりして、そのことがまた、お父さんにはたまらなく嬉しい。

 

もちろん君は君の人生を謳歌すればいいだけのことだけれど。グッドラック!

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。