長男と一緒に不登校を楽しもう

小3の長男が不登校になりました。

長男の音読

僕は長男の音読を聞くのが好きなのだが、最近いっこうにやらなくなって、なんとかやってもらおうと、とにかく長男くんの音読が好きなことを力説し、先生にも長男くんは音読が得意なのだと前に伝えたと説明し、

「あー、久しぶりに音読聞きたいなあ〜、読んでくれないかなあ〜」

と言い続けたら読んでくれた。なにかペナルティを設けたりご褒美を設けて音読をさせるのはなんか違うと思ってて、こういうアプローチでやりたいと思っている。

結果的に毎日音読はしないのだけど、それでいいやと。あと、長男の音読が好きなのはお世辞じゃなく事実。