ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

10-2を計算するときに、どこからか勝手に2を調達してくる息子の話。

長男が小学校にあがり、さっそく宿題も出ています。

で普段は育休中の妻が長男の宿題を見てくれているのですが、それがかなり負担になっているという話を聞いてまして、そもそも宿題をやりたがらないし、テレビを見たがるし、無理矢理させようとして泣くこともあるしと、まあ、その苦労は想像に難くありません。

さらに担任の先生からも「長男くんは特に算数と国語の理解度が気になります」とのお言葉をいただいていて、そのことがずっと気になっていました。そんなある日、たまたま私が早く帰宅することがありまして、息子の宿題を全部見る機会があったので、そのときの話を今日はしたいと思います。

 

長男の宿題はプリント1枚と音読です。

プリント1枚は半分が国語、半分が算数でした。

国語は、絵を見てそれを表す言葉をひらがなで書くというもので、これはすんなりできていました。

算数は足し算と引き算で、足し算はスルッとできました。ここまでの様子を見て、以外と長男はできるじゃん!と思ったのです。

 

ですが問題はそのあとの引き算でした。

 

例えば、

10-2=10

と回答するのです。

 

それで引き算の概念を教えるために、積み木のようなものをテーブルに10個並べて「ここから2個取ってごらん」と積み木を取らせました。そして残った数を数えさせて「8」と答えることができました。

しかししばらくすると、

3-3=3

みたいなことを書くのです。

 

「いやいやいや、だってさ、例えばチョコレートが3個あって、3個食べて、3個残ってたらそれおかしいじゃん!」

 

と冗談まじりに私がいうと、私の言い方が面白かったのか、そこは笑います。だけども引き算の概念をやっぱりきちんと理解できていない。で、長男がいったいどういうふうに考えてこの計算にたどりつくのか、そこに関心が向き、計算問題の下にあった長文形式(といっても小1の問題ですから、とても短い文章なのですが)を解かせてみました。

 

問題は次のようなものでした。

ふうせんが10個あります。そのうち2個が割れました。さてふうせんは、いくつのこっているでしょう?

これを解くために、長男に積み木を10個並べさせました。そこまではできます。

「うん、よくできたね。じゃあ、2個が割れたってことはどういうこと?」

と聞くと、長男は並べた10個の積み木とは別に、追加で積み木を2個並べたのです。つまり、テーブルの上には12個の積み木!

「・・・う、うん。それで2個割れたらから・・・」

と促すと2個を取りました。で、テーブルの上には10個残っているので、

10-2=10

という式が成り立つのです。

 

「2を勝手に持ってきちゃいけない」

と言うのは簡単です。でも、それでは長男は納得しないのです。

「ふうんせんが10個あります」で彼の頭に10個の風船が並びます。「そのうち2個が割れました」で、2個追加される。もし問題文が「さらに3個割れました」となっていればおそらく彼の頭の中には15個の風船が並ぶのでしょう。つまりなんというか、文章で出てきた数字が次々に加算されていくのですね。言い換えると、

12-2=10

の計算はできているとも言えるわけで、どちらかというとこれは文章の理解力の問題です。国語の学力と言ってもいいかもしれません。担任の先生の「長男くんは算数と国語の理解度が気になります」の言葉ともつながります。

 

本当はここで解決策まで提示できるとこの記事としての価値も高まると思うのですが、残念ながらまだそこには至っていません。おそらくこれは時間をかけて克服していかなくてはいけないことなのだろうと思っています。もし解決ができたら、追記しますね。

 

ところで国語の宿題の中に、こんな問題もありました。

Xの部分に、「わ」か「は」を入れて文章を完成させましょう。

XなげXたのしい

 

そして息子は「はなげわたのしい」という文章を完成させて爆笑してました。

これ問題の作成者もねらってるよね、ぜったい。

 

twitterやってます。

 

 

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。