ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

接待カルタと八百長ジャンケン

3歳の娘は負けず嫌いで、勝負事に秀でている。

例えば、保育園で椅子取りゲームが時々行われるのだが、30名ほどの参加者がいるなかで、何度か1位に輝いたことがある。1位になることはすばらしい。やっぱりオンリーワンではなくナンバーワン。いくらSM○Pが声を大にして歌っても(もはやそれも叶わぬ夢となってしまったが)そういうことである。

 

ただその一方で憂慮していることもあるのだ。

 

娘はアンパンマンのカルタが好きだ。このあいだ、ぼくの両親が遊びに来たときに、そのアンパンマンカルタをじいじと一緒に遊ぶことになった。もちろんじいじは手を抜いてあげて、最初は娘ばかりに取らせてあげていた。ところが10枚ほどを娘に取らせた時点で、ゲームを面白くしようと思ったのか、昔取った杵柄を披露しようとしたのか(ぼくの父がカルタの杵柄を持っているという話は聞いたことがないが)バシっとするどい音を立てて絵札の1枚を自分のものにした。しかしそれによって娘のテンションはだだ下がり、ベソをかいて勝負を放りだしてしまった。

それからは、じいじとばあばが、かくいうぼくも、娘の機嫌を取りまくり、すべての絵札を娘に取らせて「いやー、おみごと!」「いやー、気がつきませんでしたな!」と持ち上げまくった。まるで、取引先の社長相手の接待カルタのようだった。

 

もうひとつ別の話をしよう。

 

娘は最近、将棋にはまっている。実は小1の息子に将棋を教えようとしたのがきっかけだったのだが、娘のほうが興味を示して、すべてのコマをひとりで並べられるくらいになってしまった。ちなみに動物将棋じゃない。漢字で書かれたガチの将棋だ。

 

で、将棋をはじめるにあたって、どちらが先にコマを進めるかを決めるためにジャンケンをするのだが、ここで負けるだけで娘は不機嫌になる。ベソをかく。「もうショーギやりたくない」とすねる。しかしジャンケンなので、カルタのときのように娘を持ち上げることは難しい。で、どうするかというと、娘がジャンケンの前にこっそり耳打ちしてくるのだ。「ねえ、パパはグーを出して」と。

それでぼくは言われたとおりにグーを出して、娘はパーを出して、そうして将棋が始まる。ん? 八百長だろって。うん、そうかもしれない。

 

しかしこの八百長ジャンケンも難しいもので、このあいだは、グーを出してと言われたからグーを出したのに、娘が間違ってチョキを出して、あ・・・となって、娘がベソをかいて、えー、でも、こっちは言われたとおりにやったのにぃ! となって、でもやっぱり娘がかわいくてもう一度ジャンケンをやり直した。

 

あ、思わず書いてしまった、娘がかわいくてって。

 

そう、つまるところ、ぼくが娘を甘やかしている、ただそれだけのことなのだ。

 

twitterやってます。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。