読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

妻のマネジメント。いかにすればイライラさせることなくタスクを任せられるか。(前編)

ぼくの妻は、生粋の先送り人間である。

明日できることは今日しない。

それが彼女の美学だ。

付き合い始めたころであれば、そんな彼女の一面でさえ愛おしく思えたけれど、育児という共同プロジェクトに関わるようになってからはなかなかそんなに悠長なことも言ってられない。

 

マネジメントなんて言葉を使うと妻とのあいだに上下関係があるように見えてしまうかもしれないが、そこには家事や育児の分担があるだけで、そしてぼくが時折監督しないと妻は自分に任されたことをやらないことがあるからだ。

 

やらないというのはやる気がないわけではなく、本人もよく口にするのだが、タスクの優先順位をつけるのが苦手で、先送りし、時に完全にタスクの存在を失念することもある。

 

具体的な話をしよう。

 

この春、小学校にあがったばかりの息子がいるのだが、予防接種のひとつを受けそびれている。これはもう、かれこれ半年以上前から分かっていたことで、小学校入学までには妻が受けさせるということになっていた。ところが、結局受けさせることができないまま、小学校生活が始まっていて、今朝もその話を妻としたら「分かってる!」と強い反応がかえってきた。

 

これがほんとに難しいところで、息子の予防接種を受けさせたかどうかを確認すると、基本的に妻は機嫌が悪くなる。その気持ちはなんとなく分かる。だれだってやろうやろうと思っていた矢先にだれかに指摘されるといい気持ちはしないものだ。だけど、進捗状況を確認しないことにはずるずると先延ばしされる。

 

さらに妻からは「予防接種を受けさせるには小学校を早退させないといけないんだから!」となぜかぼくが責められるような発言をされ、いや、だからそうならないように前もって受けさせようとしてたんじゃないか、という言葉をぐっと飲み込んだ。

 

きっとこういうことは仕事場でもよく起こるような話だと思うんだけど、幸か不幸かぼくには部下がいないし、基本的にひとりで進める仕事をしているので、あくまでマネジメントの悩みは家庭においてのみである。そのせいで、いったい妻とどう接したらいいのか、どうマネジメントしたらいいのか頭を抱えている。任せた仕事はちゃんとやってもらいたいし、進捗確認して不機嫌にもなってもらいたくない。

 

だったら自分でやりゃいいじゃんという声が聞こえてきそうだけど、それならそれでも構わないんだけど、上にあげたのはほんの一例で、育児に関わるいろんな場面でこういうことが起きているのだ。それを全部引き受けるのはやはり現実的ではない。

 

それともうひとつやっかいなのは、これはぼくが判断したことではなく、妻自身が言うのだけど、妻はとかく自尊心が低い。もし、一度、妻に任せた仕事をぼくが代理でやってしまうと自分はダメな人間だ、なんて考えることがあるのだ。(あー、やっかい…)

 

以上がいま抱えている(しかも5年近く)悩みである。なお、タイトルに前編としているが、後編の具体的な予定があるわけではないので、あしからず。もし現状を打開できる妙案が見つかればまたそのときに続きをしたためようと思う。ていうか、マネジメントに長けた人のアドバイスを請う。

 

ツイッターやってます。

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。