ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

第2回 家族会議 議事録

参加者 父38、母34、長男6、長女3、次男0

 

今週末にしたいこと

父 妻の笑顔が見たい

母 私の笑顔が見たければ自由な時間をくれたまえ。先週できなかったので、今週こそおひなさまの準備。

長男 iPhoneで遊びたい

長女 パズル

 

最近困っていること

父:育休中の妻の模様替えが頻繁すぎて、なにがどこにあるのか混乱する。長男から蹴られて衝動的にたたき返してしまった。

 

母:どんなことがあっても子どもに手を上げることはやめてほしい。心のどこかで、たたく自分を正当化しているのだろうから、それをなくす努力が必要なのでは。たたくことのメリットを見出してしまっている。それを超えるデメリットをしっかり考えること。

 

父:今日で家族会議2回目。家族を組織として見なしてみようということでやり始めたが、父の疑問として、家族を組織としてとらえるのであれば、感情をむき出しにするのは好ましくないのではないか?(父も母もそれをやりがち)それはどう折り合いをつけるのか?

 

母:家族を組織としてとらえるのは、あくまで「運営」において。感情をむき出しにすることについては、子どもたちは仕方がない(学習の過程)。大人はできる限り分別を持とう。

母から子どもたち、母から父へ、感情の連鎖があることを自覚している。そういう意味では母の影響力は大きい。

 

今週できるようになったこと

長男が、 保育園から帰ってお弁当箱や水筒を流しにもっていくことができるようになった。最初は泣きながらしていたけれど、1ヶ月ほどで習慣化できた。自分が用を足したいときに、ほかの家族がトイレを使っていても我慢ができるようになった。トイレの後に「手を洗ってね」と言ったら「はい」と返事をできた。

 

長女が目覚まし時計(ベネッセで長男あてに届いたコラショ。だけど長男はいらないと言った)で起きられた。

 

twitterやってます。

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。