読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

おかえりと言ってくれない子どもたち

育児 雑談

仕事から帰ってくる。

「ただいま!」

と元気に声をかけるも、子どもたち(6歳と3歳)はiPhoneやテレビに夢中で、おかえりと言ってはくれない。

 

おかえりなさいくらい言いなさい。

 

そう言うことは簡単だ。僕がそう言えば子どもたちは「おかえりなさい」と言ってくれるだろう。

しかし僕は言わないし、言いたくもない。それは僕が求めていることと、なんか微妙に、いや決定的に違う。

 

時をさかのぼり、僕の幼少時代のことを少し話したい。

 

僕は子どものころに、行ってらっしゃいやおかえりなさいを言うよう結構厳しめにしつけられた。例えば夏休みなんかで自分が家にいて父が仕事に出るとき、行ってらっしゃいを言うために玄関まで行かなくてはならなかった。

おかえりなさいを言わなければいけないのはもちろんのこと、テレビを見ながらとか、横になりながら言ってもいけなかった。

このことが僕には、頭では正しいことだと分かっていても、正直面倒だった。

 

誤解のないように言っておくと、両親との仲は円満だった。仕事をする父に対して感謝の念も人並みにあったとは思う。だけど、それでもやっぱり面倒で、大げさに言えば理不尽だとさえ思ってた。おかえりなんて言いなさいと言われて言うもんじゃないだろ、と思っていたのだ。

 

ところが子どもを三人持つ父となったいま、仕事から帰っておかえりなさいと言ってもらいたい身勝手な自分がいる。しかも、僕や妻に言われてではなく、自発的に言ってもらいたいのだ。

子どもたちにかつての自分と同じ思いはしてもらいたくない、と言えば聞こえはいいけど、そんな大人な考えではなくて、自分に対しておかえりなさいと言うよう諭すのは、なんかみっともないじゃんという、もっと子どもじみた理由に近い。

 

ではいったいどうしたらいいのか。

正直なとこら僕にはよく分からない。

おかえりなさいを言わなければいけない理由なんて多分ないわけで(少なくとも僕は説明ができない)あいさつやマナーなんてのは合理的な理由からではなく、コミュニケーションを円滑にするためのものだと思っていて、でもそのことを3歳や6歳に教え諭すのは、ちょー難くね?ということなのだ。

 

そうして僕が子どもたちに対して取る手段というのは「ただいま、ただいまただいま〜」と連呼するという目も当てられない戦略で、自分でも情けなくなる。たぶん、うざいと思われていることだろう。それでも、悲しいことに、それ以外の方法が思いつかないのだ。

 

その悲しいアプローチに、3歳の娘は時々おかえりと言ってくれるが、6歳の息子は僕がどんなにアピールしてもiPhoneに夢中。夢中過ぎて僕の声が聞こえてないのかな、と思うこともあるが、息子が真剣な顔をしてやっているアプリについて「うわ、それすごいね」と声をかけると「うん、それでね、これがね、」と応じてくれるので、聞こえてはいるらしい。iPhoneやテレビで遊ばせていることも、おかえりなさいを言わない原因のひとつだとは思うが、すべてではないと思っている。

 

ちなみに「おかえりなさいと言ってくれるとお父さんは嬉しいんだよ」というようなことは、もう話した。だけど、効果はなかった。まあ、3歳や6歳で他人の立場に立って物事を考えるのはまだまだ難しいのかもしれない。

 

はあ、いつか、子どもたちに「パパ、おかえりなさ〜い」と駆け寄ってきてもらいたいなあと思う一方で、時が経つほどにそれって難しくなるんじゃないの、と不安にもなる。みんなどうやってるんだろ。

 

ところで今日の記事のタイトル、五七五になってたの気づきました?

 

twitterやってます。

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。