読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

牛のパパの子育て

我が家で飲んでる牛乳のパックに、牛の絵が描いてあった。

f:id:houta30:20161027120932p:plain

 

それを見た3歳の娘が「シマウマ!」と言ったので、妻が「これは牛。牛のママのおっぱいが牛乳なんだよ」と教えた。

 

すると娘が「(牛の)パパはなにしてるの?」

と聞いてきた。面白い質問だな、と思って聞いていると妻が答えた。

 

「なにしてるんだろうねー。ぐうたら、なにもせずに寝てるんじゃない?」

 

なんちゅーテキトーな…

と思ったけど、ぼくも牛のパパがどんなふうに子育てに関わっているかは知らなかったので黙って聞いていた。しかしこれではあまりにも不憫ではないか。パパにもパパの事情というものがあるだろう。同じオスとしていたたまれなくなっていると、今度は6歳の息子が言った。

 

「牛のパパはね、子どもをいい子いい子してるんだよ」

 

涙が出そうになった。

ぼく自身が息子に特別いい子いい子してるわけでもないので、余計にジーンときた。基本的にママ派の息子が、パパを擁護してくれたのだ。

 

これには妻も感動したようで、うちの息子は育児の大切さを分かってる、ちゃんと育児は夫婦で関わるべきものだという意識が根づいてきている、と褒めていた。

こういうところから社会の構造が変わっていくのかもしれないなと、少々大げさにぼくも感じ入った。

 

それにしてもあのまま話が終わってたら、

牛のパパ=ぐうたら=ぼく=牛

となるところだったよ。

ありがとう、息子よ!

 

ツイッターやってます。

 

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。