読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

ぼくらがつけた赤ちゃんの名前に、なにか物申さないと気が済まない実母の話

ご報告が遅れましたが、先日、無事に第三子が誕生しました。あれですね、上の子たちに慣れてると、新生児を抱き上げた瞬間、力加減を間違って後方に飛ばしてしまいそうになるくらい軽いです。いまのところ夜泣きもなく、よく眠る子で助かっています。

 

ところで赤ちゃんが産まれたら名前をつけないといけないわけですが、それで思い出すのは、第一子の名前を僕の母に報告したときのこと。

子どもの名前というのは、ゲームの主人公の名前を決めるときとは比べものにならないくらい真剣に悩んで決めるわけです。ましてや第一子なんだからかなり真面目に考えてつけたのに、実母に報告したら

 

「あ〜、それ、○○さんとこと一緒」

 

と露骨に残念な顔をされたんですねー。

ガチャガチャですでに持ってるおもちゃが出てきたときの子どもじゃあるまいし、もっとこう、第一子が誕生した夫婦にかけるべき言葉はあったでしょうにと思うわけです。

 

第二子は女の子でした。

第一子のときの母の言葉を気にしたわけじゃないですが(いや、結構気にしてたよね)、たしかに第一子の名前は子どもの名前ランキングみたいなのでよく見る名前だったので、あまりかぶらない名前にしようといろいろと頭をひねって考えました。

そうしてつけたところ

 

「食べ物みたいな名前ね」

 

と言われました。

 

そして満を持しての第三子。

 

絶対に何か言われるだろうという変な自信があったため、妻の前で母に公表するのは避けました。産後の妻に余計なストレスを与えたくはなかったので。

そして案の定、今回も母は言いました。

 

「あ〜その名前、大きくなったらぜったいこんなふうにからかわれるね」

 

ほんとに、なにか一言、物申さないと気が済まないようです。もちろん孫がかわいくないとかそういうことはないんです。出産後に遠方からかけつけてくれるし、いろいろと尽くしてくれるんですが、こと名前についてだけは必ず毎度小言を言われるという…

 

なぜ「ステキな名前ね」とその一言が出てこないのだろうと思い、妻と話したら妻が面白いことを言っていました。

 

妻が言うには、僕の母は赤ちゃんの名づけについて何らかの相談をしてもらいたかったんじゃないかと。名付け親になりたかったとまでは言わなくとも、どんな漢字を使うといいかなとか、そういう相談を受けたかったのでは?と妻が言うのです。

正直、その発想はぼくにはなかったんですが、もしかするとそういうことだったのかもしれません。3人も生んだ今さら気がつくのもなんですが。

あと、自分たちと孫とのあいだに、なんらかの関連性が欲しかったのでは?とも言っていて、確かにそれを裏付ける話として、実は第三子のイニシャルが、偶然(これはほんとに偶然)ぼくの母のイニシャルと一致していて、それを喜んでいました。

 

真偽のほどはともかくとして上のような考えを持っていた妻ですが、ぼくの母に名づけについて相談する気はさらさらなかったようです。

それは名付けの相談をして、何らかのアドバイスを受ければそれを無視することはできないからだそう。確かにそれもそうだよな。はなから意見を聞く気がないのなら、意見を求めちゃいけません。

 

ということで、産後初の記事にこの話題を選ぶくらいには、僕もモヤモヤしてるということでした。 

 

twitter やってます。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。