読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

AERA with Baby に、ほんのちょっぴり寄稿させていただきました。

出産 育児

うん、まさかこんな日がくるとは。

初めて寄稿のご依頼をいただいたとき、

(え……、ぼくどちらかというと炎上ブロガーなのに、いーんでしょうか・・・)

というのが率直な感想でした。しかしお引き受けした以上、自分のブログじゃないところで炎上してはならぬと細心の注意を払って寄稿させていただきました。

 

もちろん、みなさんにはぜひとも雑誌を手にとっていただきたいところですが、これだけの情報で終わるのはさびしすぎますよね。凍え死んじゃいますよね。よし、しょーがない、どんな特集なのかちょっとだけスーパー特別にご紹介しちゃいましょう。

 

特集の見出しはこちら!

 

がんばってるのに報われないパパたちへ

ママが不機嫌な理由わかってますか?

 

どひゃー! 衝撃的な見出し(笑) わかってねーよ、おいら、わかんねーずらよ。

あ、誤解のないように言っておきますけど、ぼくがつけた見出しじゃないですからね。でも、文字サイズは本誌を結構忠実に再現しております。

 

お話は、お笑い芸人のデンジャラス・ノッチご夫妻の再現ドラマをベースにして、殺伐としつつもおもしろおかしく進んでまいります!(うーん、なつかしいボキャブラ天国! あれ見てたころ、まさか自分が書いた文章がノッチさんと同じ誌面に載ることがあるとは思いもしなかったよ)

 

さらにはカウンセリングの先生のお話もあるのですが、偶然にもぼくと同じような考えで共感が持てます。やるじゃないか、先生。

・・・うそです、ごめんなさい。

はばかりながら、私の意見が偶然にも先生のお考えと近いものだったのです。光栄です。

この先生のお話の下の部分に、次のような感じで私の文章が記載されています。

 

f:id:houta30:20140917084417j:plain

 

なんか、こういうふうに紹介されるとこそばゆいというかね、なんというかね。

「え! 妻の不機嫌を爆発させない方法なんてあるの!?」と自分でつっこんでみたり、このブログって子育てや妻とのやりとりを冷静に分析したブログだったのか! という新たな発見があったり。

あと校正の段階で、「ほう太パパの七転び八起きが話題に」の部分を、「ほう太パパの七転び八起きが炎上騒ぎに」の間違いではないでしょうか、と確認したりね。(うそです、してません)

 

さあ、どうです、紙面を読んでみたくなったでしょう。

ぜひお近くの書店でお買い求めいただくか、子連れで本屋は大変だという方は、こちらをクリックしてくださいね。

AERA with Baby (アエラ ウィズ ベビー) 2014年 10月号 [雑誌]

AERA with Baby (アエラ ウィズ ベビー) 2014年 10月号 [雑誌]

 

10月号ですよー。お間違いなく。 

 

 

Facebookでも更新情報を配信中です。

ほう太パパの七転び八起き | Facebook

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。