ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

我が家の押しつけがましいヒーロー。

3歳くらいの男の子というと、トッキュウジャーだとか仮面ライダーガイムだとか、ああいうヒーローものが好きで、大きくなったらトッキュウジャーになりたいというようなことをなんのためらいもなく言ったりするんじゃないかなと思いますけど、そして我が家もその節が全くないとは言いませんけど、あまり戦隊もののテレビは好きじゃないようです。なんかこわいらしい。どちらかというとプリキュア派だし、日曜朝の枠を超えていいのであればなんといっても大好きなのはアンパンマンです。

 

 ところでこのあいだの日曜日にめずらしくお店で散髪をしてもらいまして(これで2回目。普段は妻かぼくが自宅で切っている)まあこれが至れり尽くせりというか、アンパンマンのDVDを見せてくれて、しかもその1話分くらいの超早業で髪を切ってくれるわけです。自分たちで切る苦労を思えば(切るだけならまだしも、そのあとの片付けが大変じゃないですか)1000円なんて全然惜しくないよと思っちゃうわけです。しかも散髪を終わったあとにおまけのおもちゃまでくれたんですね。うん、これはリピーターになっちゃうよ。

 

さておまけのおもちゃというのが、写真をアップせずに文章で説明しようと思いますけど、ソフトクリームのような形で、ソフトクリームの部分がじゃんけんぽんのチョキになっていて、コーンの部分にボタンがついていて、ボタンを押したら、ぽ〜んとチョキの部分が飛び出るようなやつなんです。

えっと、たぶん、ぼくの文章力ではほとんどの人に理解してもらえなかったと思うので、やっぱり、絵を描きます。

f:id:houta30:20140701125950p:plain

ぼくの文章力と絵心は同レベルのようです。

 

息子はこのおもちゃがいたくお気に召したらしく

「チョキマンで〜す。みんなよろしくね!」

という感じで、新たなヒーローがここに誕生しました。

 

新たな、と言いましてもアンパンマンごっこを忠実に踏襲しておりまして「はいふへほ〜って言って!」と息子からリクエストされます。つまり、ぼくが悪者として登場しろということなのです。なので四捨五入をすればアラフォーのぼくが「はひふへほ〜」と、しかもちょっとだみ声まで使って、登場してやるわけです。

 

ええ、何発かくらいます、このチョキパンチを。まあ、チョキの部分はスポンジでできているので、全然痛くないんですが。最終的にはもちろん、「ばいばいきーん」と言って飛んでいかねばなりません。

この一連のやりとりを何度もさせられました。あきるまでと言っても、基本彼らはあきませんからね。ヒール役を自ら呼んで立ち振る舞わせて、おいしいとこ持っていきますから。泣いた赤鬼で言えば「おまえが青鬼やれよ」って赤鬼自ら言っちゃってるわけですから。なんかもう、ブラックですよ、ブラック。

 

でも息子は「今度はパパがチョキマンやって〜」とも言ってくれます。いや、まあ、別にやりたくはないんですけども、息子なりのやさしさだと解釈して「チョキマンで〜す」ってノリノリでさけぶじゃないですか。でもそしたらすぐにまた「ぼくがチョキマンねー」となります。どうでもいいですけど、チョキマンてなんなんでしょうね。こんなやりとりを延々としている日曜の昼下がりです。

 

twitterやってます。

 

Facebookでも更新情報を配信中です。

ほう太パパの七転び八起き | Facebook

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。