ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

ぶりっ子を見抜けなくて悩んでいます。

みなさん、NHKの「いないいないばあっ!」という幼児向けの番組をご存じだろうか。小さいお子さんがいらっしゃるのであれば、1度や2度、いえいえ録画をして毎日繰り返し見ているというご家庭も多いのではないだろうか。我が家の息子はいまでも(本当は対象年齢を過ぎているんだけど)大好きで妹と一緒に楽しそうに見ている。

この「いないいないばあっ!」にはワンワンという着ぐるみが出てきて、この声はなんとあの「たんけんぼくのまち」で一躍人気者となったチョーさんが担当している。(ぼくはチョーさん世代なので、あの高速で地図を書いていたのが声優への布石だったのかと考えるととても感慨深い)さらにいえば着ぐるみの中に実際に入っているのもチョーさんなので、どんだけのやる気だと驚くとともに、真夏のロケとか、ぶっ倒れるだろうと心配もしている。

 

あ、話がそれた。

 

今日はワンワンの話じゃなく、ぼくがしたいのは「うーたん」のことなのだ。うーたんは、ワンワンとおねえさん(ゆうなちゃん8歳)とともに本番組の主要キャストであり、見た目はこんな感じ。

いないいないばぁ!  うーたん だっこサイズ S

いないいないばぁ! うーたん だっこサイズ S

 

 Wikipediaから抜粋すると

「音楽の国」にある「音楽の森」に住んでいる小さな妖精。男の子でも女の子でもない。年齢は1歳8ヵ月。頭部から左右に伸びている丸い物体がトレードマークである。この中にはマラカスが仕掛けられている。赤かオレンジ色に近い色の服を着ている。性格は基本的に陽気で、いつも明るい。時々やんちゃで、いたずら好きな面を見せることもある。登場するときは基本的に元気であることをアピールする。(例えば、登場時の決め台詞「うーたん、げんき!げんき!!」など)

年齢についてはぼくも今回調べて初めて知ったけど、要するに視聴者の子どもと大体同じ年齢ということになる。まあ、それは番組を見ていればなんとなく伝わってくる。ちなみに声優は間宮くるみさん。

 

さて、ようやく本題に入るわけだが、妻曰く

「うーたんはぶりっ子だから好きじゃない」とのこと。

え? ぶりっ子? そんなこと感じたことないんすけど。だって幼児向けのお人形だよ?そう思って、ぼくがそのことを率直に妻に伝えると

「これだから男は(アホよね)」

みたいなことを言われた。え? ええ? なに、そこまで言われることなの?

 

正直なところ、ぼくは妻に言われるまで、本当にうーたんをぶりっ子だと思ったことはなかった。たしかにうーたんは自分のことを「うーたん」と呼んでいて、もしも本名が「うー」さんで、自ら「たん」をつけているのであればかなりのぶりっ子だろう。(そりゃあ、ぼくも女子が自分の名前に「たん」をつけて呼んでいたら、おいおいと思うよ)だけどたぶんそんなことは、アグネス・チャンが、アグネスちゃんじゃないように、あれは「うーたん」なんだろうと思う。

あとはまあ、注意深く番組を見ていると、「えっとね〜うーたんはね〜、うーんとね〜、わっかんな〜い」みたいなしゃべり方をするんだけど、そういうところがぶりっ子なんですかね? でも1歳8ヶ月の設定だし・・・。気になるかたはぜひ番組を見て確認してください。

※Eテレ(教育) 月~金曜日 午前 8:25~8:40(15分) 【再放送】午後 4:20~4:35(15分)

 

実はうーたんがぶりっ子だということは、妻だけでなくツイッター上でほかのかたがつぶやいているのを見たこともあって、もしかすると同じように思っているひとは多いのかもしれない。

 

まあ、ここではうーたんがぶりっ子かどうかということは本質的なことじゃないんです。問題なのはぼくがうーたんのぶりっ子を見抜けないことにより、妻が怒りにも似たような感情を抱いているということなのです。「これだから」みたいなことを言われるわけですよ。なんかね、和気あいあいとした会話じゃない。

 

ぼくとしてはその怒りのメカニズムが分かるようで分からない。少なくとも、妻がうーたんに嫉妬して(?)みたいなことじゃないことはたしかだと思う。だって・・・ねえ、こういう教育テレビのキャラに本気で嫉妬してたら、ちょっとおかしいでしょ。。。ぼくがうーたんのぶりっ子を見抜けないことで、なぜ妻がイラッとするのかほんとに理由が思いつかないので、見識ある読者諸兄姉からアドバイスをいただければなあ〜とか思いつつ書いている。そしてどうすればぶりっ子を見抜けるようになれるのかも知りたい。

 

この問題の解決につながるヒントというか、似たような事例がほかにもあるので参考までに書いておくと、ぼくは女優やモデルさんが髪型やメイクを変えるとそれがだれなのかよく分からなくなって、「あれ? これって○○だっけ?」みたいに妻に聞くことがあるのだけど、このときの反応も(ぼくの答えが正解だったとしても)うーたんの一件と似ていて、すこぶる不愉快そうないらだつような感じで「ほんっと、ぜんっぜん、わかんなくなるんだよね!」みたいに言われる。たぶんメカニズムは同じものと思われる。

 

という、まあ、大多数のひとにはどーでもいいエントリーでした。

おしまい。

 

twitterやってます。

 

Facebookでも更新情報を配信中です。

ほう太パパの七転び八起き | Facebook

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。