読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

イクメンの疲れが倍増する妻の言動

育児

はじめに

googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。

大変ありがたいことですが、このページはかつて炎上したページです。

人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだなと思うところが多々ありますが、当時の素直な気持ちを残しておきたいと考え、あえてそのままに公開いたします。

この点をご了承いただけますと幸いです。

 

        ほう太

 

なんか挑発的なタイトルになってしまいましたが、グチることが目的ではなく、妻のこれこれこういう言動がイクメンである夫を疲れさせてる可能性がありますよ、という建設的な内容を目指して書こうと思います。育児における夫婦間の無用な衝突をできるだけ避けることができればなと。

 

あと、イクメンという言葉は個人的にはあまり好きでないというか、もう十分浸透したので、そろそろイクメンという言葉を使わなくてもよい時代になるべきではと思うのですが、分かりやすいように「イクメン」を使います。

 

この記事のオリジナリティについて言及しておくと、あれは本だったかネットだったか、育児に積極的に参加しようとしている夫に対して、妻は100%の出来を求めちゃいけない(少々育児や家事の完成度が低くても多めに見ましょう)というような趣旨の記事を目にしたことがあって、それはそれでまあいいんですが、本エントリーでは、もうちょっとスキルがある夫、つまり夫婦間で育児・家事のスキルの差があまりないような状況を想定しています。そういう夫婦間で、イクメンの疲れが倍増するような妻の言動、ということになります。

 

それからこれは最後まで悩みましたが、この記事を書くにあたって、ぼくがイクメンを代表してしまってよいのか、ということです。ぼく自身がイクメンだということは、おそらく断言しても大丈夫だろうという自負はあるのですが、ぼくの意見=イクメンの意見としてしまうのは、まずいだろうと思うわけです。ただ、本記事のタイトルを「ぼくの疲れが倍増する妻の言動」としてしまうと、なんか完全に妻のグチになってしまいそうで、そうじゃなくって、うちの夫はイクメンなのよと思っている妻のみなさんに、もしかすると夫はこういうことを考えてるかもしれませんよ、ということを伝えたいわけです。なので、イクメンを代表して意見するような形になってしまうことをご了承ください。

 

前置きが長くなりました、さっそく始めたいと思います。

 

不機嫌なままの妻

f:id:houta30:20140618172638p:plain

おそらくイクメンと呼ばれる人たちは、育児に積極的に関わりたいと思うと同時に、妻の負担をできるだけ減らしたいと考えているのではないかと思います。もしかしたら、妻の負担を減らす目的のほうが大きいというひともいるかもしれません。そういうイクメンにとってつらいのは、自分ががんばったにも関わらず、妻のストレスが解消されてない、妻が不機嫌なままで家庭内が殺伐としている、そんな状況なのです。

育児だけでなく、家事や仕事のことで妻がストレスを抱えていることはよく分かります。ぼくらイクメンががんばったところで、実際そのストレスは解消されていないのでしょう。それほどに大きいものなのでしょう。でも、それでも解消されたふりでもいいからそうしてもらえないとぼくらの疲労はたまる一方なのです。こういう言い方をすると、夫のことを考える余裕なんてないんだよ、という声が聞こえてきそうですが、少し見方を変えればうそでもいいから笑顔になってもらうだけで、イクメンの疲れは吹き飛ぶのです。明日へのエンジンとなるのです。どうでしょう、ここはひとつマクドナルド的な精神で、笑ってもらえないでしょうか。

 

いまごろ気がついたの?

これはイクメンに限らないでしょうが、子どもの成長はなによりもうれしいものです。イクメンであれば仕事に追われて育児に参加できないお父さんよりも、子どもが寝返りをうった、微笑みかえした、なにかしゃべった、そういう成長の過程に出くわすことも多いはずです。で、そういうときに、やっぱり思わず妻に報告するわけですよ。「ねえ、見た? いま見た? ○○ちゃんがね・・・」そういうときに「はあ? 今ごろ気づいたん?」みたいな態度はつらい、つらすぎる。たとえそんな言葉を口に出さずとも、自分ほどに妻が驚いていないということに、イクメンは敏感なのです。どうかぜひイクメンの報告にはオーバーに驚いてあげてください。

 

こっちはいいから

これも結構な頻度で言われます。スキルが劣っているまでだ、と言われれば返す言葉もありませんが、せめて「代わりにあれをしておいてくれる?」くらい言ってもらいたい。イクメンにとって、必要とされていないという状況は悲しいものです。もしかすると、イクメンを気づかっての言葉かもしれないけど、イクメンというのは、気づかわれるよりも必要とされることに喜びを感じる生き物なのです(たぶんね)

それと上に書いた不機嫌さともかぶりますが、「こっちはいいから」を言われるときは大体不機嫌です。そうすると妻に不機嫌になってもらいたくないという気持ちでがんばってるのに、自分が役に立たなかったことで余計に妻が不機嫌になっている、と考えて負のスパイラルにおちいります。もうダメだ、おれは役立たずの人間ダ、となります。(そこまではならないか) 

あと、時と場合によりますが「こっちはいいから」の時の妻は、意固地になっているようにも見えます。妻がやろうとしている作業は、妻より要領が悪いかもしれないけど、我々にできないようなことではないことも多いです。一度大きく息を吐いて、我々を信じて頼ってみてはいかがでしょうか。

 

出ばなをくじかれる。

これはちょっと説明が長くなりますが、例えば子どもが保育園に行きたがらない朝に、自分なりにどうしたらその気になってくれるかと考えて、「お父さんひとりで行っちゃうよー」とか声をかけてみるわけです。「あー、ぼくも行くー」となってくれないかなと思って。そうしたらですよ、妻が言うわけです。「そんなの、ひとりでどうぞってなるだけよ」

分かってるよ、そんなことは! と思っちゃいます。行きたがらないのを分かっててこっちも手をかえ品を変えがんばろうとしてるのに、なぜあなたが出鼻をくじく? たぶん妻は、自分の経験上、それじゃうまくいかないと分かってるんだと思います。だけどもだからといってこういう態度を取られると、やる気が失せますし、正直イラッときます。

いくらスキルのあるイクメンといえど、あえて甲乙をつければ妻のほうがスキルが高いことのほうがどうしても多いでしょう。そういう妻は、不器用なイクメンにイライラすることがあるかもしれません。本当は丁寧に(冷静に)レクチャーしてもらえれば一番助かるけど、たぶんそのときはそんな余裕はないでしょう。だったらせめて、静かに見守ってもらえればと思います。たとえぼくらのやろうとしていることが意味のない行為だったとしても。

 

あなただけで行ってきたら?

これはもしかするとうちだけかもしれません。

ぼくは家族でお出かけや外食をするのが好きなので、できるだけそういう機会をもとうとします。 しかしそういうときに「あなただけで行ってきたら?」とよく言われるんです。おそらく妻としては、ぼくのことを考えてそう言ってくれてるのでしょう。小さい子どもを連れて外出となれば、持ち物の準備も大変ですし、離乳食の準備もあるかもしれません。人混みのなかで風邪をもらうかもしれません。そういうリスクを考えると尻込みしてしまう気持ちはよく分かります。だけど、そういう説明をぜんぶ端折って「あなただけで」みたいに言われると、ぼくが言いたいのはそういうことじゃないよ、と思ってしまいます。ぼくは決してひとりで外食に行きたいわけじゃないんです。(まあ、そういう日もあるけど)みんなで楽しい思い出を作りたいんです。なんだか、ぼくが自己中な人間に見られてるようで悲しくなります(大げさか)。イクメンは自分のことよりみんな(妻や子)を考えています。そのためには少々の負担は喜んで引き受けることができるのです。みんなが楽しんでる姿を見ればそれだけで疲れが取れます。「あなただけで行ってきたら?」には、そんな思いを粉砕する破壊力があります。

 

きみが言ったことなのに。

つい先日も我が家であったことですが、うちには3歳ともうすぐ1歳の娘がいるんですが、娘に買ってあげたおもちゃを3歳のお兄ちゃんがまるで自分のもののように遊ぶというのはよくあることですよね。そういうときに妻が「これは妹ちゃんに買ったものでしょ!」とお兄ちゃんをたしなめたんです。ぼくもそうだなと思って、口をとがらせるお兄ちゃんの様子を見つめ、これもしつけだと思ってました。

翌日、相変わらず妹のおもちゃでお兄ちゃんが遊んでいたので、今日はぼくが言おうと「それは妹ちゃんのだったよね」と言ったら信じがたいことが起きたのです。

「まあまあ、そんなに言わなくても」by 妻

ぬわーにぃー!? ってなるでしょ? えー、きみが昨日言ったことじゃん。

自分で言うのもなんですけど、ぼくの言い方がきつかったからじゃ、たぶんないです。誤解だったら申し訳ないけど、妻(少なくともうちの)はそのときの気分で言うことがコロコロ変わるんですよ。

でもね、これは悪い面だけじゃないと思います。その時々によって言うことが変わるというのは、たぶんイクメンにはあまりない特徴です。よく言えば一貫した意見なんですが、悪く言うと融通がきかない。その点、妻は、急にお兄ちゃんが愛おしくなることがあって、自分がかつて注意したことと同じ内容であっても、そんなふうに言わないであげてってなるわけです。子どもの立場からすれば、うれしくもあるでしょう。だから、こういう状況については、職場で上司の意見がコロコロ変わるような戸惑いはありますが、仕方ないかもねと受け入れています。いいんです、妻にはそのときの気分によって、自由に羽ばたいてもらって。振り落とされないよう、なんとかついていきます。これはイクメンに課せられた試練です。

 

いかがだったでしょうか、書かれたことに心当たりのなかった妻のみなさんには貴重な時間を台無しにしてしまい大変申し訳ないです。もしも心当たりがひとつでもありましたら、改善してくださいとは言いません、頭の片隅で覚えておいてください。イクメンのみなさんにも読んでいただいたかもしれませんね、よく言ってくれたと思ってくださるかもしれません、しかしそういうかたは間違ってもあなたの妻にこの記事をシェアしないでください、ひっそりとたえてください、あなたのつらさは我々同士しかいやせないものなのですから。 

 

追記)最後の段落について、書いたときはあまり深く考えずに書いちゃったんですが「ひっそりとたえて」はネタです。ほんとうは、妻にしろ夫にしろ、イクメンにしろそうじゃないにしろ、もっとたくさん発言したほうがいいと思ってます。夫婦での話し合いももちろん大切だけど、もっと広く発信したらなにかが変わるかもしれない。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ。

houta.hatenablog.com

 

twitterやってます。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。