読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

ツイッターでつぶやくタイミングがいまいち分からない。

ぼくはツイッターを使いこなすのが苦手だ、というほとんど中身のない話です。

 

ぼくのフォロワーのなかに、ぼくのリアルな知り合いはいません。このブログの更新情報を伝えるために作ったアカウントで、知り合いが見ているとブログに書く内容でいろいろと躊躇しそうだと思ったので、知り合いがだれもいない状態で始めたかったんです。

フォロワーが少ないころは、ほとんど更新情報しかつぶやいていなかったのですが、ある記事がきっかけでフォロワーが倍以上になり(それでも100人くらいなんですが、ぼくにとってはすごいことなんです)

これは、更新情報以外にもつぶやいていこう!

と決心をかためたのであります。

 

ところが、なにをどんなタイミングでつぶやけばいいのか、ひじょーに難しい。

ぼくの自意識過剰で、気にしすぎな性格によるところも多いと思うんですが、例えば

「今日はめちゃくちゃ寒い」

とつぶやこうとして、果たしてこんなつぶやきを求めているひとなんているんだろうか、他人のTLを汚すだけではなかろうか、と考えてしまい、結局つぶやけずにいます。

 

それともちろん、つぶやくのが面倒だと思うのも大きな理由です。めちゃくちゃ寒いときに、わざわざスマホを取りだしてシュッシュッとしたくないわけです。ずっとポケットに手をつっこんでいたい。

 

休日はもっとつぶやきたくなくなります。

実は今日、ぼくは家族で

第1回 福岡ラーメンショー2013 ~ラーメン戦国絵巻 博多の陣~

に行きました。

でもひとこともつぶやかなかった。

いっぱいつぶやくべきタイミングはあったと反省しています。

 

例えば、昨夜。

「明日、福岡ラーメンショーに行く予定」

とでもつぶやけばよかったんです。でも、昨夜の時点では行くかどうか半々で、なのでもし行かなくなったときにウソのつぶやきをしてしまうことになるとか、訂正のツイートをしなきゃいけなくなるとか、そんなことを考えてやめました。

 

じゃあ出発直前に

「いまから行きまーす」

とつぶやけばよかったんですが、これも子どもたちの準備に追われてそれどころじゃありませんでした。子どもが小さいとつぶやいているヒマなんてまったくないよ、と思うんですが、お子さんが何人もいるのにたくさんつぶやいているかたもいて、ぼくは尊敬しています。どういうテクニックをつかってるのか、マジで教えてもらたいっす。

 

それからラーメンを食べ始める前に写真でもとって

「1杯目はこれにしましたー!」

とでもすればよかったんです。でも、ラーメンのびるじゃないですか。そういうのは許せないたちなんです。だから、食前にはぼくはぜったいつぶやけないです。

 

食後、ここでこそつぶやくべきでした。子どももラーメンに満足して余裕もあったはずなんです。でも、ぼくもおいしさにひたってた。つぶやこうなんて意識がまるでなかった。ツイッター人、失格です……。

 

そんなぼくでも、毎朝通勤の電車のなかで、朝のあいさつをかねて、ひとことつぶやくのを自分に課しています。ほんとに他愛もない内容なんですが、俳句でも考えるかのように、140文字でいかに話をまとめるかを吟味してつぶやいています。もちろん炎上しないようにも心がけます。(いや、全然過激な内容じゃないんだけども)

その結果、全然、気軽につぶやけません。

 

ということで、いったいどんなことを、どんなタイミングでつぶやけばいいのか、ほんとにぼくは分からないです。平たく言うとツイッターが合わないんでしょうね。はあ。ばんばんつぶやけるようになりたいなあ。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。