読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

妻との関係が炎上するその前に。見落としてはならない妻の5つの言動

出産 育児

はじめに、直近の記事を驚くほど多くのかたに読んでいただきまして、大変うれしく思っております。いままでのアクセス数からは想像もできない事態でほんとに驚きました。

一方で、小数ではありましたが、結婚や出産を躊躇してしまうというようなコメントをいただきまして、このことについてちょっとだけ責任を感じております。

むろん、先の記事は結婚や出産を否定するようなものではありません。むしろ推奨するものであります。(まあたぶん、ぜったい伝わってなかったと思うけど)結婚や出産はハッピーなことばかりではないよというメッセージを伝え、現実を見据えることで無駄な衝突を防ぐことができるのではないか、という問題提起でした。

さて前回もとりあげたこちらの記事

育児には積極的なつもりだったが… 妻が家を出た理由 :日本経済新聞

この記事では、あたかも奥さんが突然家出をしたかのように書かれていますが、実はかなり多くのサインを出していたのではないかと思われます。彼にはそれを見つけることができなかっただけなのです。しかし彼の無知を責めてはいけません。むしろ彼は、怠惰になっているぼくら夫に警鐘を鳴らした尊い存在です。

本日は、彼のがんばりをたたえ(ぼくらがたたえないと、だれもたたえるひとはいないのだ)ぼくら夫が気をつけておくべき妻の言動について、微力ながらぼくが会得したハウツーをお伝えできればと思います。

また育児中の妻を想定していますが、出産前の妻にも当てはまることが多いのではないかと思います。また、近い将来訪れるかもしれない出産、育児を乗り切るためのヒントになれば幸いです。

 

難易度☆ ため息

念のために言いますけど、あなたがかつて見たかもしれない、昼下がりの公園のベンチで青空を見つめながら、はあ、とつくような感じのため息じゃないです。

ここで言うため息と、うれいを含んだため息は、その長さで見極めることが可能です。はあ、とか、ふう、じゃなくて、もっと極端に短いです。そして速い。口から足元にするどく突き刺さります。それはため息と呼ぶのをはばかられるほどです。

コツをつかめば比較的、簡単に見極めることができるようになるでしょう。

ため息ですから、もちろんセリフはありません。しかし不思議なことに、この種のため息には心に直接語りかけてくる力があります。

一例をあげると

(つっかえねえな、おい)

という感じの言葉が聞こえるかもしれません。これを空耳ととらえるかどうかはあなたの自由です。少なくとも妻に「いまなにか言った?」と確認するのだけはよしたほうがよいでしょう。

あとよくあるのが、体調を崩したときにもこの手のため息をつかれます。

その昔、それこそ結婚前には

「だいじょうぶ?」

とぼくの痛みを自分の痛みのことのように言ってもらったことがありますが、それはステキな思いでとして大切に保管しておいてください。(余談ですが、この手の思い出がきっとあなたの心の支えになるはずです)

子育てに追われるいまの状況ではため息をつかれてもなんの文句も言えません。だって育児要員が半減するわけですから。大いに反省してください。最近ぼくは、自分が体調を崩すことがなによりおそろしいです。

これはあえて言わなくても大丈夫だと思いますが、まちがっても看病を期待してはいけません。妻のみなさまは、体調を崩したあなたを存在しないものとしてふるまいます。それはありがたいことです。あなたの力を借りずに子どもの面倒を見るという強い意志の現れです。そんな奥さんに看病してもらいたいなどと虫がいいにもほどがあります。

あと、もしも奥さんに風邪をうつしてしまった場合には、あなたの持ちうるすべての力を総動員して危機を乗り切りましょう。

難易度☆ 異様にでかい足音

これもため息と同じく、比較的分かりやすい現象です。あなたがなにかの用事(例えば仕事を家に持ち帰っていたなど)で別室にいたとき、異様にでかい足音が聞こえたら、すべてを放りだして大至急かけつけてください。暴発までのカウントダウンが始まっています。かけつけたらとりあえず「大丈夫?」のひとことを。これで大部分のことはぼやで済ませることが可能なはずです。

ちなみに我が家では 

日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006

日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006

 

 このようなゲートをとりつけているのですが、これが吹き飛んだかもな、という音が聞こえることがあります。この場合はやや手遅れの事態ですので、その前の足音でなんとか気がつくように精進しましょう。

難易度☆☆ 無言

セリフがない点ではため息と同じですが、もっと空気が張り詰めています。この空気を肌で感じられるようになれば、あなたも最低限のリスクが回避できるようになれたと思ってもよいかもしれません。

ただ、これは思いのほか複雑です。

例えばため息の場合は、その直前にあなたがおかした行動が妻の機嫌をそこねていると考えてまずまちがいないですが、無言の場合は開始点が見いだせない。原因をさぐるのが非常に困難なので、効率よく鎮火させることが困難です。

また、穏やかな怒りなので、見落とすことも多く気がついたときには手遅れである場合も往々にしてあります。なにがきっかけで暴発するか分からない危険性もはらんでいます。

しいて特徴をあげれば、瞳に生気がないというか、焦点が合っていないことがあります。

もしくは幸運にも、自分が話しかけたのに返事がないことで早期発見できることがあります。このことを勘違いして、

ああ、いまのは自分の声が小さくて聞こえなかったんだな、

ともう一度話しかけるようなことをしてはいけません。それはかなりリスクの大きな行為と言えるでしょう。

難易度☆☆☆ 話の途中でテレビをチラ見。

これはね、分かりやすいんです。あまり見落とすことはありません。だから難易度低そうに思えるでしょ?

でもね、難しいのは自分の感情を律すること、つまりこっちが一生懸命に話しているのにテレビをチラ見されると、イラーーーーーーーーってくるんです。

その態度はなんだよ、

って言葉がのどまで出かかります。もしもそれを発するのであれば、ある程度の修羅場は覚悟してください。(ぼくはその勇気に敬服しますが、お勧めはできません)

まず認識を改めてください。

テレビをチラ見されるのは、あなたの会話がつまらないからです。テレビからの情報がより大事なものだからです。チラ見されたあなたは、苦言よりも先に、自分のプレゼンテーション能力の低さを反省すべきでしょう。

それからあなたは、せっかく楽しくテレビを見ているプライベートタイムに割り込んで入っているという自覚を持つべきです。ようやく子どもが寝付いてくれた貴重な夜の時間に話しかけているわけですよ。十分に話を整理し、数回はシミュレーションをした上で、妻に貴重な時間を割いていただくようにしましょう。

ちなみに一度話を始めたら、例え妻の興味が自分に向いていないことに気がついても諦めずに最後まで話しましょう。途中で話すのをやめたら、あなた自身、なにかとてつもなく大事なものを失いますし、妻のほうも、なに途中でやめてんだよ、ってことになります。

あと、話の内容と妻の相づちが一致しないことがよくあります。そんなのは甘んじて目をつむりましょう。そして、ご静聴いただきありがとうございました、という気持ちで話を締めくくりましょう。

難易度☆☆☆☆ 異様に機嫌がいい

いままでご紹介した言動と毛色がちがいますが、妻の機嫌が異様によいときも要注意です。かなしいかな、経験が浅いときは、この状況で諸手を挙げて喜んでしまうんですね。

いいですか、妻の機嫌が異様によい、ということはそこがピークなのです。そしてその状況は数時間も続くことはなく、この先、落ちるしかありません。

勝って兜の緒を締めよ、というやつです。

油断など決してできません。

いつもの状態ならばスルーされるかもしれないあなたのミスが、平和な状況なだけに、より目立つ恐れがあります。一挙手一投足に注意を払って生活しましょう。

 

さて、いかがでしたでしょうか。おそらくここに挙げたことを普段から意識していれば、最悪の事態だけは避けられるはずです。そして、これらの言動に気がついたときは、決して悲観的にならず、あなたの存在価値を示すことができるチャンスだととらえるようにしましょう。

よりより夫婦関係を築くために、本記事が少しでもだれかの力になれば幸いです。

 

※ facebookページでブログの更新情報を配信することにしました。よかったら「いいね」してくださいね。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。