読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

実習生が取り上げる出産を拒否いたしました。

これはなかなか難しい問題で、いまだ自分の行ったことが正しかったのかどうか、いや、正しいとかそういうことじゃないですね、うーん、なんて言うんでしょう、同じ経験をするかもしれないひとのために、少しでも参考になればということで書いておきたいと思います。

相談は唐突にやってくる。

先日、妻が第二子を出産したのですが、そのとき、分娩室で助産師のかたから「実習生が取り上げてもよいでしょうか」と相談を受けました。すでに陣痛が始まっており、かなり切迫した状況のなかでのことでした。

私は第一子のときも今回も両方立ち会ったのですが、第一子のときにはこのような相談はありませんでした。(ちなみに別の病院)
妻もそういうことを相談される心の準備がなかったようで、え?って感じだったのですが、こういうお願いというのはなんとも断りにくいもので、さらに陣痛の真っ最中で、とても困っているように見えました。

実習ってなに?

恥ずかしながら私は、出産時にこのような相談をされる可能性があるということをみじんも考えたことがありませんでした。たしかに冷静に考えれば、看護師(助産師?)を育てるためにはこのような実習も必要なのでしょう。
ちなみに出産後に調べたことですが、同様の悩みを抱いているかたがやはりいらっしゃいました。

実習生の相談を受けた際「引き受けたくない場合は遠慮なくおっしゃってください」とは言われましたが、相談を受けたときの率直な私の気持ちとしては、

(いま、まさに生まれようとしているこのときに、そんな相談をするのかあああ!!!)

でした。
ただ、上にリンクをはった記事を読むと、やむを得ない事情があるのだということも少しは理解できました。

改善案

ですが、やはり事前に、せめて分娩室に入る前に相談してほしかったと思います。
そもそも実習生がいったいどんなことをするのかもよく分からなかったのです。私が理解できたのは、実習生が赤ちゃんを「取り上げる」ということでした。

こういうお願いをするのであれば少なくとも次のようなことを説明すべきではないでしょうか。

  • 実習生とは具体的にどんな立場のひとなのか。すでに資格のようなものを持っているのか。
  • 実習生は男なのか女なのか。
  • 実習生は何人なのか。
  • 取り上げる以外にどんなことをするのか。
  • 実習生以外にだれ(医師・助産師)が立ち会うのか。十分なサポートはあるのか。(これについてはサポートがあるようなことはおっしゃっていました)
  • 仮に実習生にお願いしても、こちらが希望すればすぐに経験を積んだ助産師に変更できるのか。
  • そもそも実習とはなんなのか。例えば卒業のために必ず必要なものなのかとか。

正直に言って、実習生の成長のためとはいえ、試しにうちの子を取り上げてごらん、というふうには考えられませんでした。
いくら2人目とはいえ、出産は一大イベントです。もしものことがあったらと、いろいろ考えてしまいます。そんなに簡単には引き受けられないものです。

結局私は拒否いたしました。

こんなことを言っても始まらないかもしれませんが、事前に十分な説明を受けていれば私たち夫婦ももう少し前向きに検討したとは思っています。

ですが、あまりにも急な、そして不十分なお願いであり、妻の様子を間近で見た結果、私は実習生が取り上げる出産を拒否いたしました。
ちなみに、私もむげに断るのは気が引けたので「取り上げるのではなく、その場に立ち会う(見学)だけならかまいませんが」と言いましたが、どうもそれでは不十分だったらしく、その必要はありませんと言われました(決して怒った感じで言われたわけではありません)。
拒否したことで新しい看護師、助産師の成長を阻害したのかもしれません。その点では反省しております。

ただ、出産後に妻からは「断ってくれて助かった」と言われました。自分ひとりでは断れなかったと言っていました。そして結果的には十分納得のいく出産ができたとも言っていました。

私たちの子どもの出産だけを見れば円満な解決だったんですが、いろいろと考えさせられる出産でした。これから出産を予定されているかたは、一応心の準備をしておいたほうがよいと思います。あと旦那さんなどが立ち会われる場合には事前に打ち合わせておいたほうがよいでしょう。

看護師、助産師になることを夢見る学生の環境が少しでも改善されればと願っています。 看護師、助産師さんのおかげで無事に出産ができるのですから。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。