ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

育児

子どもがあなたの言うことを聞かないのは、火星で暮らしているからです。

ある日、あなたが目を覚ますとそこは火星でした。 目の前には見たこともない2体の異星人が立っており、自分に何かしら話しかけていますが、いかんせん言葉が通じません。ただ、しばらくのあいだ接しているうちに彼らがとても友好的であること、そしてパッパ…

息子に負けたくない。

ぼくには3歳の息子がいます。 息子には基本的にどんどん父(ぼく)を超えていってもらいたいと思ってる。ていうか、すでにいくつかのことでは負けていて、例えば記憶力がそうだ。だって、 こんなことまで息子は覚えてたんですよ、 といま書こうとしたら、そ…

子どもに聞きがちだけど、聞かないほうがいいこと(保育園編)

ぼくには3歳の息子がいて、難しい単語とかを使わなければいろんな会話を楽しめるようになりました。ほんと子どもってどうやって言語を獲得していってるんだろうと不思議に思います。別に文法を教えてるわけでもないし、文字が読めるわけでもないのにね。 こ…

子どもが病気になって仕事を休むときは謝らないほうがいい。

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと書き直すべきだなと思うところが多々ありますが、当時の素直な…

お風呂に入らない子どもをその気にさせるテクニック集

うちの3歳の息子はお風呂嫌い。 昔はそんなことなかったんだけど。 原因はなんだったんだろうと振り返って、ひとつ思い当たるのは入院中のことで、いつもだったらぼくか妻のどちらと一緒に入るんだけど、その日は祖母と看護師さんとでお風呂に入れたんです…

泣いてる子どもを見て早合点した話。

我が家がよく利用しているスーパーマーケットの中に、マクドナルドが入っている。 3歳の息子は、そのマクドナルドのショーケースに展示されているハッピーセットのおまけ(いまはドラえもん)をながめるのが大好きで、ぼくが買い物したものを袋に詰めてる間…

ぼくと妻と母の同居生活がはじまるよー(序章)

8ヶ月になる娘が4月から保育園に通うようになった。少しずつ改善されているとはいえ、待機児童の問題がいまなお残るこのご時世で、長男と同じ保育園に入れたことはかなりハッピーなことだったと思う。 娘の保育園デビューに合わせて妻も仕事に復帰。まずは…

妻が体調を崩すと、心配より先にイライラしてしまうようになった。

娘を出産後、妻が体調を崩すこと(いわゆる風邪)が増えている。 平均したら月に1回くらいのペース。 季節的なものもあるし、慢性的な睡眠不足もあるし、小児科にも子どもたちを連れて行ってくれるから、いろんな原因が考えられる。 だから体調を崩してしま…

幼いころにしつけられて、あとから「だまされた!」と思ったこと。

息子をいろいろとしつけていると、その昔、自分が言われていたことを思い出します。 いまから思い返すと「だまされたー」と思うものや、従順に信じていた自分がほほえましく思えることもあります。 みなさんは、どんなことを言われてましたか? 夜に爪を切ら…

お兄ちゃんの気持ち

先ほど起きたことを忘れないうちに書いておこうと思います。 最近、6ヶ月になった娘がバンボに1人で座れるようになった。 バンボ Bumbo コンボ プレートレイ付 専用腰ベルト入り レッド 出版社/メーカー: Bumbo 発売日: 2010/04/28 メディア: Baby Product…

叩いてでも教えるべきことについて。

ぼくは中学校の3年間を卓球部で過ごした。 卓球部に入った動機は、家族旅行で温泉卓球に触れたからだ。 これなら、運動おんちのぼくでもなんとかやっていけるかもしれないという、大変に失礼で安易な考えを持っていた。 あれは中学3年のときだったと思う。…

幼いころに傷ついて30年以上引きずってる3つの事件

別に虐待を受けていたとか、そんなヘビーな話じゃなくて、ひとつひとつは本当に取るに足らない、大人からしたらなんじゃそりゃって話です。 だけど30年以上忘れずにいるというのは事実なわけで、その程度にはぼくにとって大きな出来事だったわけです。 も…

ご飯のときママに甘える息子にも、甘えさせるママにもイライラしてたけど。

我が家での息子(3歳)は、なかなか自分でご飯を食べようとせず、すぐママに甘える。 「我が家での」と断ったように、たぶん保育園ではちゃんと自分の力で食べているのだ。 (もし食べれてなかったら、保育園の先生からなにか言われてると思う) ご飯のとき…

出産前の妻が、別れた元カノみたいに思えることがある。

先日の記事で、産後クライシスの渦中にあるひとは、そのときの感情を夫婦問わずどんどん発信したほうがいいと思う、という話をしました。 それは、出産を控えている夫婦にとっては心の準備になるし、まさしく現在悩んでいる夫婦にとっては、それを乗り切るた…

銭婆ならこう言うだろう「夫はみなやさしいよ、やさしくて愚かだ」

先日のエントリーで、育児中の妻にハーゲンダッツを買って帰る話をしました。 育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。 - ほう太パパの七転び八起き これについて、すごくたくさんのコメントをいただいて、ぼくも勉強になることが多か…

育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、このページはかつて炎上したページです。 人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだ…

他人の子どもと比べてしまう呪縛、健康でさえいてくれればいいという呪縛。

うちの3歳の息子は背が小さい。 ホルモンが正常に分泌されているかを調べるため(たしかそういう説明だった)半年に1回ほど子ども病院に行って、身長体重を測定する必要がある。 低身長というのは3段階あって、息子の場合、2段目と3段目の境目くらいに…

クライシスは産後だけとは限らない。その名も看護クライシス。

昨年末、息子が体調を崩してしまった。 この間、妻は睡眠時間を削り取られて、日中も片時も離れようとしない息子に、もううんざり状態。 むろん、ぼくへの風当たりも強くなる。ぼくの一挙手一投足に、けんかを売るような態度で挑んでくる。 最初はぼくもなん…

体調を崩した息子、いらだつ妻、やさしいぼく。それなのに・・・。

2013年末、3歳の息子が体調を崩した。 ほとんどの病院が年内の診察を終えた29日の明け方、まるで見計らったかのようなそのタイミングで高熱を出した。 朝になって、急患センターまでタクシーで行ったら中耳炎が判明して、即、両耳の鼓膜を切開。 その…

育児をラーメンに例えてみる。

新年明けましておめでとうございます。 昨年から書き始めたこのブログもおかげさまで少しずつ読者を増やすことができました。 今年もみなさんの記憶に残るような記事を、ひとつでも多く書いていきたいっす。 さてさて、みなさん、おせち料理も食べ飽きてきた…

サンタさんが来ない家もあることに子どもが気づいたら。

メリークリスマス! といっても、あと30分くらいで今年のクリスマスもおしまいですね。 さて育児に悩みはつきものですが、この季節になるとやっぱり考えるのがサンタさんのこと。例えば、 「サンタさんってほんとうにいるの?」「サンタさんはパパなの?」…

家事の分担が厳密な妻に「そこに愛はあるのかい」と思ってしまう。

先日、久しぶりに夫婦間のギャップを目の当たりにすることがありました。 まず本編に入る前に、我が家の主な家事分担について説明しておきます。 夫(ぼく) 料理を作る 料理の後片づけ 保育園の送り迎え 妻(育休中) 掃除 洗濯 娘(4ヶ月)の授乳 息子(…

我が家に、シルバー人材センターがやってきたよー!

以前の記事で、夫婦で育児を分担することにとらわれることなく、利用できるサービスはじゃんじゃん利用していこー! という話をしました。 もしかすると夫婦で育児を分担するという考えが諸悪の根源になっているのかもという話。 そのサービスの一例として「…

育児中の妻に「手伝おうか」と声をかけることがNGだと言われるこの時代

以前からちょっと気になってたこと。 産後クライシスという言葉が脚光を浴びましたよね。こちらの本に詳しく書かれています。 (009)産後クライシス (ポプラ新書) 作者: 内田明香,坪井健人 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2013/11/06 メディア: 新書 この…

我が家の食品はすべてオーガニックにします、と切り出されたら。(フィクション)

本記事は 伝えたいメッセージを文章にする、ということ - Chikirinの日記 で企画された実験に参加するために書かれたものです。 詳しくは、ちきりんさんのブログに書かれていますが、 いつもは行かないスーパーで見た格差 - ブログ/韻 The Future でのエピ…

横断歩道を渡るのが一番遅いのは、たぶん幼児じゃないかな。

お出かけのとき、子どもがずいぶん歩いてくれるようになりました。それはもちろんうれしいことなんだけど、困るのが横断歩道。手をつないで渡るわけですが、順調にいって点滅の途中でギリギリ渡り終える感じです。(3歳前後の幼児の話) 車椅子などの障害者…

もしかすると夫婦で育児を分担するという考えが諸悪の根源になっているのかもという話。

夫婦で育児を分担する。 もはやこれ常識だし、このことに(夫として)異を唱えようものなら、夫失格の烙印を押されてしまいそうです。結婚を考えている女性であれば、婚約者になるひとが育児に積極的かどうか、それがひとつの判断基準となるような、それくら…

息子に「先生の言うことを聞きなさい」と言うのを躊躇してしまう話

うちの息子(3歳)は保育園に通っています。 まだまだイヤイヤ期の真っ最中で、ぼくの言うこともママの言うことも、てんで聞きません。 保育園に行きたくない、これは食べたくない、まだ寝たくない。今日の保育園からの帰りも「この道はおばけの道だからイ…

妻との関係が炎上するその前に。見落としてはならない妻の5つの言動

はじめに、直近の記事を驚くほど多くのかたに読んでいただきまして、大変うれしく思っております。いままでのアクセス数からは想像もできない事態でほんとに驚きました。 一方で、小数ではありましたが、結婚や出産を躊躇してしまうというようなコメントをい…

じゃあ、ぼくら夫はどうすりゃいいの? 育児と言うより妻に苦悩する日々。

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、このページはかつて炎上したページです。 人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだ…

シールで楽しくおしっこ大作戦(3歳児)

先日の3連休はうっかり風邪をひいてしまい、本当は朝から晩まで寝込んでいたかったのですが、3歳児と0歳児の子どもがいる状況でそんなことが叶うはずもなく、しかしだれかに必要とされていると多少の熱(38度台後半)は気合いで乗り切れるようで、 ああ、…

「保育園で過ごす時間が長い子どもほど問題行動を起こしがち」なんて言葉は気にしなくていい。

ネットでのほほんと「はてなブックマーク」を見ていたら、キャッチーなタイトルの記事を見つけた。 保育園で過ごす時間が長い子どもほど問題行動を起こしがち:英大学調査 保育園に子どもを預けている親なら誰しも一度くらいは (こんなに小さいころから親元…

保育園でのケガ

最近は妻が息子をお風呂に入れてるんですが、ある日お風呂からあがった妻が言いました。 「保育園でケガしてるみたい」 見ると耳の後ろあたりに小さいですが傷があり、たんこぶになっています。息子に聞いてみると、どうも保育園でぶつけたらしい。 3歳児が…

すてきなママさんたち。

スナックのママさんの話ではないです。 子育て中のママさんの話。 第2子の出産前から、保育園への送り迎えをぼくが担当するようになりました。朝は7:30、夕方は18:30くらいに保育園に着きます。大体同じ時間に毎日保育園に着くので、自然と同じひ…

甘えん坊息子(3歳)とクールベイビー(0歳)

弟や妹が生まれると、両親の関心がどうしても赤ちゃんに行きがちで、上の子が寂しい思いをすることが多いとよく聞く。妻自身もまた長女で、同様の思いをしたことがあるらしい。(ちなみにぼくはひとりっ子) ということで、我が家では赤ちゃん(妹)が生まれ…

体調を崩しやすい子どもとの向き合いかた。

保育園で風邪をもらってばかり、何度も入院する、長期に薬を服用している、そんなお悩みを持っているかたへの記事です。(仕事を休みがちで職場でハラスメントを受けている、というような話ではありません。子どもの体調不良とどう向き合うかという話) なお…

5つの心がけでがらりと変わる、子育てでイライラしない方法

ぼくは知人からよく、子育てについて「○○さんは、怒らなさそう」とか「イライラしたりしないんですか」などと聞かれます。どうも普段の(職場での)ぼくの言動が温厚なせいでそう思われるようですが、とんでもない、もちろんぼくだってイライラします。 なる…

子育てでちょー忙しいのに、ぼくはなぜ小説を書くのか。

今日はぼくの夢について、ちょっとお話しをしたいと思います。 もう三十代で、かつアラフォーなのに夢を語るのは照れくさいんですが、ぼくは小説家になりたいと思っています。そしてぼくにとって小説執筆というのは、精神衛生上、必要なものみたいです。 こ…

子育て中の妻の機嫌が悪くなったけど、劇的に回復した話。

本日、いつものように息子の気まぐれに妻がイライラし始めたんですが、そのときに奇跡的に円満な解決を見たので、参考までにご紹介しておきます。 本日の息子の気まぐれ ご飯(お米)を食べない。 「のり」と一緒なら食べると言い出す。 (のりを持ってくる…

15:00に寝た息子を17:00に起こしました。結果、最悪でした。

最近、休日に息子がほとんどお昼寝をしなくなりました、というかすっごい嫌がるんです・・・。眠そうにしているときもあれば、全然眠くなさそうに見えるときもあります。 眠そうにしているときに「眠いの?」とか言うと、あたかも酔っぱらいが「酔ってない!…

上の子と下の子、どちらを優先すべき?

先ほど生じたばかりのできたてほやほやの悩みです。 息子、もうすぐ3歳。 娘、生まれたばかり。 ぼくが娘をお風呂に入れてるんですが、お風呂からあがったら妻が娘におっぱいをあげることになっていたんです。 お風呂から娘を抱っこしてあがると、妻と息子…

パパ友ができました。

保育園の送り迎えの時間がよく同じになるお父さんで、しかも職場が同じだった、ということもあり、先日連絡先を交換しました。いわゆるパパ友というやつです。息子3歳にして、初めてのパパ友です。 いくら仲のよい友だちでも 子育ての苦労というのはリアル…

おしとやかな女の子に育ってほしいと思うのは、差別的な考えでしょうか。

男らしさとか女らしさとか、もう、そういうことを言っちゃいけない時代なんでしょうか。 男女平等とか、男女共同参画とか、そういうことに異を唱えるつもりはないんです。ただ、ぼくはやっぱり男らしさ、女らしさというのが好きなんです。 先日娘が生まれ、…

学級委員長になったことを喜ぶ母を見るのがいやだった。

育児をしていると、自分が子どもだったころのことを思い出します。幼なじみと遊んだ風景、母からよく言われていたこととか。意識してないのに、気がついたら母と同じようなことを口にしていたり。 愛すべき母ではありますが、正直なところ、母がぼくに接して…

家事や育児をしない男性をゼロにする必要があるのだろうか。

日経の記事によれば、森雅子少子化相が次のような発言をしたそうです。 日本の男性の育児への参加時間は1日39分と、先進国で最低レベルだ。 家事育児をしない男性をゼロにするための政策に予算をつける。 前後の文脈が明らかでないので、あくまでこれらの発…

建設的な感情表現

わざとではなく、子どもが振り上げた手が眼球に直撃する、足の小指だけをふみつけられる、起き上がろうとした子どもの後頭部でアッパーパンチをくらう、なんてことよくありますよね。 そう言うとき、もちろん「痛い!」って声を出しちゃうわけですが、その出…

禁断の言葉

今日は天候が悪いので、室内でできることをと考えて、絵の具遊びをしてみました。 音の鳴るおもちゃとか、幼児向けの雑誌とか、そういうのを新しく購入することも考えたんですが、受け身ではなく自分の工夫次第で楽しくなるようなものをと思いました。 10…

子どもの手を、ばっとつかむこと。

ぼくのやりがちなことに、息子がなにか悪さをしているときに、ばっと手をつかむことがあります。 2歳の前半くらいまでは、特に問題だとも思っていなかったんですが、2歳後半になって息子がぼくのその動作をすごく嫌うようになりました。 最初は眉をひそめ…

育児に見る、対人関係のスキルアップ

長男がもうすぐ3歳になるので、ぼくの育児キャリアとしても約3年になるわけですが、最近気づかされたことがあって、それは 育児のスキルがアップすると、実社会(育児も実社会のことですけど)での対人関係も円滑になる ということです。 こんなにわがまま…

ぐずる子どもへの対策集

子育てをしているひとであれば、誰しも経験するであろう子どものぐずり。ここでは新生児の夜泣きとかではなく、いわゆるイヤイヤ期によく見るぐずりにどう対処したらいいのか、ぼくが実践してそれなりに効果を得られたアイデアをご紹介したいと思います。 も…

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。