長男と一緒に不登校を楽しもう

小3の長男が不登校になりました。

出産前の妻が、別れた元カノみたいに思えることがある。

先日の記事で、産後クライシスの渦中にあるひとは、そのときの感情を夫婦問わずどんどん発信したほうがいいと思う、という話をしました。 それは、出産を控えている夫婦にとっては心の準備になるし、まさしく現在悩んでいる夫婦にとっては、それを乗り切るた…

銭婆ならこう言うだろう「夫はみなやさしいよ、やさしくて愚かだ」

先日のエントリーで、育児中の妻にハーゲンダッツを買って帰る話をしました。 育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。 - ほう太パパの七転び八起き これについて、すごくたくさんのコメントをいただいて、ぼくも勉強になることが多か…

育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、このページはかつて炎上したページです。 人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだ…

クライシスは産後だけとは限らない。その名も看護クライシス。

昨年末、息子が体調を崩してしまった。 この間、妻は睡眠時間を削り取られて、日中も片時も離れようとしない息子に、もううんざり状態。 むろん、ぼくへの風当たりも強くなる。ぼくの一挙手一投足に、けんかを売るような態度で挑んでくる。 最初はぼくもなん…

体調を崩した息子、いらだつ妻、やさしいぼく。それなのに・・・。

2013年末、3歳の息子が体調を崩した。 ほとんどの病院が年内の診察を終えた29日の明け方、まるで見計らったかのようなそのタイミングで高熱を出した。 朝になって、急患センターまでタクシーで行ったら中耳炎が判明して、即、両耳の鼓膜を切開。 その…

世の夫はみな、すべからく妻にスマートファブリックを贈呈すべき。

以前にこんな記事を書いた。 妻との関係が炎上するその前に。見落としてはならない妻の5つの言動 - ほう太パパの七転び八起き これを読んでくださったかたには本当に申し訳ないんだけど、もうこの記事のことは忘れてもらっていいと思う。 なぜなら、すべて…

家事の分担が厳密な妻に「そこに愛はあるのかい」と思ってしまう。

先日、久しぶりに夫婦間のギャップを目の当たりにすることがありました。 まず本編に入る前に、我が家の主な家事分担について説明しておきます。 夫(ぼく) 料理を作る 料理の後片づけ 保育園の送り迎え 妻(育休中) 掃除 洗濯 娘(4ヶ月)の授乳 息子(…

育児中の妻に「手伝おうか」と声をかけることがNGだと言われるこの時代

以前からちょっと気になってたこと。 産後クライシスという言葉が脚光を浴びましたよね。こちらの本に詳しく書かれています。 (009)産後クライシス (ポプラ新書) 作者: 内田明香,坪井健人 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2013/11/06 メディア: 新書 この…

もしかすると夫婦で育児を分担するという考えが諸悪の根源になっているのかもという話。

夫婦で育児を分担する。 もはやこれ常識だし、このことに(夫として)異を唱えようものなら、夫失格の烙印を押されてしまいそうです。結婚を考えている女性であれば、婚約者になるひとが育児に積極的かどうか、それがひとつの判断基準となるような、それくら…

妻との関係が炎上するその前に。見落としてはならない妻の5つの言動

はじめに、直近の記事を驚くほど多くのかたに読んでいただきまして、大変うれしく思っております。いままでのアクセス数からは想像もできない事態でほんとに驚きました。 一方で、小数ではありましたが、結婚や出産を躊躇してしまうというようなコメントをい…

じゃあ、ぼくら夫はどうすりゃいいの? 育児と言うより妻に苦悩する日々。

はじめに googleなどで検索した結果、このページをご覧いただいているかたが多いようです。 大変ありがたいことですが、このページはかつて炎上したページです。 人によっては不快な内容が含まれている可能性があり、私もいま読み返すと、ああ書き直すべきだ…

夫婦間の衝突を乗り越えるために我が家で試していること。

夫婦や恋人など、パートナー間での衝突というのは必ずあるものです。場合によってはパートナーと破局してしまうという最悪なケースも起こりうる重大なことですよね。理由の筆頭は価値観の相違でしょうか。しかし、そんなに単純なひとことで片付くような問題…

子育て中の妻の機嫌が悪くなったけど、劇的に回復した話。

本日、いつものように息子の気まぐれに妻がイライラし始めたんですが、そのときに奇跡的に円満な解決を見たので、参考までにご紹介しておきます。 本日の息子の気まぐれ ご飯(お米)を食べない。 「のり」と一緒なら食べると言い出す。 (のりを持ってくる…

子育て中の妻という、混沌、畏怖、あるいは愛すべき存在

こちらの記事 妻の不機嫌ループ ~困惑する夫たちに捧ぐ~ を読んでぼくは今日のエントリーを書く決意をした。 実はこのブログは妻に内緒で書いているのだが、そしてもうすぐ妻にこのブログの存在を打ち明けようと思っていたのだが、妻に告げる前に本エント…