ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

小学2年生の息子に宿題の習慣をつけるために我が家でやっていること

もう何度も書いたことなので、あらためて書くのも面倒なのだけど、もしかしたらこの記事を最初に見る人もいるかもしれないので書いておく。 小学2年生の長男は宿題をやらない。もう驚くほどやらない。そしてやらないことで本人は(おそらく)あせりのたぐい…

やりたいことを見つけた長男へ

いま、お父さんは40歳で、君は7歳だ。何年後にこの文章を読むのか、はたまた読むことなどないか分からないが、素直な気持ちを綴っておく。 この数日、君は突如、絵(イラスト、マンガといったほうがいいか)を描く楽しさに目覚め、毎晩筆をとっている。筆…

低学年のころから子どもを塾にやる親の気持ちを20年越しで理解できた話

僕はかつて、塾の先生をしていたことがある。 そのときに、夏休みのあいだ、朝から夕方まで塾にやって来る小学校2、3年生の子たちがいて、先生をやりながらかわいそうだなあと単純に思っていた。まだ小さいんだし、夏休みなんだし、自由に遊ばせてあげれば…

小2にして宿題をビリビリに破るの巻

クセの強い長男。先日、通知表を持って帰ってきたが、まあ、想像した感じの結果だった。でも通知表の結果自体は僕はそれほど問題視してなくて、とにかく毎日、学校に行くのを嫌がらず元気に通えているのでそれで十分だと思っている。おそらく妻も同じ想いだ…

テストで100点を取ってきた子どもをほめるときに注意すべきこと。

昨日のブログで長男(小2)が算数のテストで0点を取ってきた話を書いたが、一方で国語で100点を取ってきていた。それを息子のランドセルから見つけた僕は(自分でランドセルの中からプリントを出さないことは問題なのだが、それはひとまずおいておいて…

長男がテストで0点を取ってきた。

さすがに衝撃を受けて今日のブログのタイトルに。内容を理解してないのもあるだろうし、両面のテストだったから、時間が足りなかったのかな。まあ、しかし、0点というのは実際に見てみるとすがすがしくもある。 学童保育から電話があり、長男が来ていないと…

100より2小さい数

週末は長男と一緒に外で仕事をすることが増えた。長男は、その週にたまった宿題をやる。 仕事をしながら、長男の宿題を見るのだが、100より2小さい数、みたいなのが解けないようだ。100どころか、10より2小さい数もあやしくて、つまり「〜より小さい」の概念…

源しずかの #MeToo

小2の長男が最近ドラえもんにはまり始めた。長男につられて4歳の長女も一緒に楽しんでいる。ぼくも小さいころ大好きだったのでその気持ちはよく分かる。 それでもやはり疑問に思うのは、僕が見ていたころから30年近くが経過したというのに、いまだに「の…

長女のプール

長女はチャレンジ精神が旺盛で、このあいだから始まった保育園のプールも楽しみにしていたのだが、今朝は乗り気ではなかったようだ。熱はなかったけれど用心のために見学。 次男のイヤイヤ期にもふりまわされている。 晩御飯をまるっきり食べず、盛り付けて…

スタバで宿題

宿題をやらない長男に、ペナルティもご褒美も与えずに宿題をさせるには?ということで最近比較的うまくいってるのが、家とは別の場所で宿題をやるというもの。 うちには、4歳の妹と1歳の弟がいるので、集中できない気持ちは分かる。 今日はスタバで宿題。…

長男の音読

僕は長男の音読を聞くのが好きなのだが、最近いっこうにやらなくなって、なんとかやってもらおうと、とにかく長男くんの音読が好きなことを力説し、先生にも長男くんは音読が得意なのだと前に伝えたと説明し、 「あー、久しぶりに音読聞きたいなあ〜、読んで…

どうでもいいことだけど、と前置きするときはだいたいどうでもよくない。

どうでもいいことなのだが、最近、男性用トイレでスタイリッシュなものが増えたと思う。スタイリッシュとはどういうことかというと、オープンな作りということだ。つまり見ようとしてなくても、隣の男性のが視界に入るような。うーん、こんなこと気にしてる…

日記

朝から体がだるく、やる気の出ない一日。 夜に妻が一時外出し、その間に子どもたちをお風呂に入れたのだが、娘のかんしゃくに付き合いきれず怒鳴ってしまう。 ぶかぶかパジャマの次男がかわいかった。 次男は妻がいないと僕にべったりだが、妻がいると僕のほ…

子どもにゲームとスマホ(YouTube)をやめさせるためにやったこと。

ついこのあいだまで我が家では、子どもがゲームとスマホで遊ぶことについては寛容だった。小2の長男はNintendo Switchが大好きで、休日にはゼルダとマリオをやりまくっていた。スマホ(iPhone)については長男と長女(4歳)のふたりとも大好きで、特にYouT…

長男のおもらしで起きる

おはようの朝4:00 久しぶりに長男(小2)のおもらしで目を覚ます。 昨夜、寝る直前に晩御飯を食べだしたからな。正規の時間ではまだお腹が空いてないとかいって、結局寝る直前に食べることに。その上、歯も磨かず、おしっこも行かずに寝てしまった。 長男が…

子どもが生活保護を受けるようになっても構わないと言い切る妻

事の発端は些細なことだった。小2の長男が宿題をせずにゲームをしようとしたので、僕は「ゲームは宿題が終わってからの約束だったでしょ」と言った。すると長男は泣き叫び、僕への暴力行為に及び、まあ、手のつけられない状態になった。ただそれは僕にとって…

育児で「うつ」になった妻と離婚する夢を見つつもなんとかここまでやってきた話

この記事は、出産後のパートナーが鬱(うつ)と診断された、もしくはそのように見える、そして子どものことは大好きだけれどそんなパートナーとの生活を今後続けていけるだろうかと悩んでいる男性に向けたものです。それ以外のかたにとっては不快な内容を含…

息子が宿題をしないことに対する不安は息子のことを思うがゆえなのだろうか。

小学2年生の息子が今日も宿題をしなかった。 今日もというと何日もやっていないように聞こえるが、昨日に続いて今日も、という程度でつまり2日間だけ。それなのに今日もやらなかった、と深刻に悩む自分がいる。 宿題をやらない息子に対して、あめとムチを…

私(男)が「出産を経て〜」と言うと笑う人たちがいる。

先日、同窓会に参加した。 その席で、この10年ほどのあいだ、どんなことがあったかをひとりずつ発表することになって私(男)は「結婚と出産を経まして〜」と発表した。すると会場内から笑いが起こった。 人前で話すときウケをねらってしゃべることはある…

相性のよくない小1の長男との距離を縮めるためにやってみたこと。

某所で「実の子とはいえ、相性の良し悪しはある」みたいな発言が炎上していたが、その経緯を詳しく追いかけはしなかったけど、相性の良し悪しはあるよ、ぜったい。人間だもの。炎上していたのは、相性の良し悪しがあるのは仕方がないとして、そのことを公言…

パパにうんざり

このあいだ図書館でこの本を借りてきた。 どんなきもち? 作者: ミース・ファンハウト,Mies van Hout,ほんまちひろ 出版社/メーカー: 西村書店 発売日: 2015/06/02 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る ページをめくると「わくわく」「びくびく」「…

育児中に仕事を休むとお金が入ってくる摩訶不思議な現象について

はじめに謝っておきます。キャッチーなタイトルをつけてしまいました。タイトルはウソではないけれども、正確ではありません。でも気持ち的には真実です。前々からずっと感じていた、なんか釈然としないよなーという自分の気持ちを整理するため、本日の記事…

息子に話しかけるときに肩や背中に手をあてたら抜群に伝わるようになった。

iPhoneってやっぱ片手で操作したいじゃん。 ってのが妻の主張で、そのためにずっとiPhone5を使い続けていたんだけど、充電が一日さえも持たなくなってきて、こりゃいよいよ機種変しなきゃなってことでauのお店を探し回った。もちろん狙いはiPhone SE。でもな…

10-2を計算するときに、どこからか勝手に2を調達してくる息子の話。

長男が小学校にあがり、さっそく宿題も出ています。 で普段は育休中の妻が長男の宿題を見てくれているのですが、それがかなり負担になっているという話を聞いてまして、そもそも宿題をやりたがらないし、テレビを見たがるし、無理矢理させようとして泣くこと…

やるのもイヤ、やらないのもイヤ。ああ、どうして世界はこうも私に迫ってくるの?

長男が小学校に入り、なんとなくは想像していたことだが、保育園とは違ってやらなくちゃいけないことがたくさんある。あ、親がという意味じゃなく本人が、という意味で。 保育園までは、とりあえず保育園に行きさえすれば参加賞がもらえるというか、保育園の…

祝!息子の登下校とツツジの蜜。

先日(6月20日)ようやく長男がひとりで(正確には友だちとのグループで)小学校へ登校できた。長男は今年の春から小学1年生。ひとりで登校できるようになるのに、およそ3ヶ月を要したことになる。 この月日を長いとみるか短いとみるかは様々だろうけど…

接待カルタと八百長ジャンケン

3歳の娘は負けず嫌いで、勝負事に秀でている。 例えば、保育園で椅子取りゲームが時々行われるのだが、30名ほどの参加者がいるなかで、何度か1位に輝いたことがある。1位になることはすばらしい。やっぱりオンリーワンではなくナンバーワン。いくらSM○P…

長男(6歳)のこわいもの。ぼく(38歳)の怖いもの。

なにがきっかけなのかはよく分からないけれども、長男(6歳)はほとんどの大人がその存在を信じていないけれども、本当にいないとは言い切れないようなもの、例えば、地獄、鬼、幽霊、ゾンビ、おばけ、というものが大好きだ。いや大好きというとちょっと違…

娘とテントウムシと朝の光。

自分で言うのもなんだけど、ぼくは娘(3歳)と超仲良しだ。 お風呂だって「パパと一緒がいい」と言ってくれるし、寝るときだって「パパと一緒に寝たい」と言ってくれる。このあいだの休日はめずらしく娘と二人きり(我が家には6歳の長男と0歳の次男がいる…

育児に疲れた夫婦にささぐ「続・イクメンの疲れが倍増する妻の言動」

ブログを書いている人なら分かってもらえるかと思いますが、ブログを更新したあとって、どれくらいの人が見てくれたかなーと気になります。もちろんたくさんの人が見てくれたらうれしいわけです。 そんなある日、アクセス解析を見たら、ぽーんと増えてたんで…

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。