読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

娘から「パパ死んで」と言われた日。

思い返せば、私は娘を甘やかして育てた。

と同時に娘にとっては小うるさいことを言う父親であったろうと思う。

 

だから晴天の霹靂と言うにはちょっとおこがましいとは思うが、それでも娘から「パパ死んで」と言われた私の心は、もう心と呼ぶにはその原型を留めていない。

 

生まれたばかりの娘をこの手に抱いたことを、つい昨日のように思い出す。

高熱を出した娘のために仕事を休み、点滴に付き添ったことも今となっては懐かしい思い出だ。

 

「パパ一緒に寝よ」

 

そう言って、もみじのような小さな手で私の腕を引っ張ったことも、いや、あれは私の自分勝手な思い込みが歪ませた都合の良い記憶なのだろうか。一緒に寝ようと言ってくれた同じ口から「死んで」なんて言葉が出るはずもない。

 

私の友人の子どもで、娘にとっては2つ年上のお兄ちゃんがいた。その彼に娘がほのかな恋心を抱いていたことも私は知っている。実にあのときも、私の心は猛獣にえぐられたようなダメージを受けたが、同時に嬉しくもあった。彼は好男子であったし、何より娘がひとりの女性へと成長した証しでもあったのだから。

 

娘の名前をつけたのは私だ。

どんなにつらいことがあっても、前向きに生きて欲しいと願いつけた名前。思えば面と向かって確認したことはなかったけれど、娘は自分の名前を気に入ってくれているのだろうか。少なくとも私は、娘がその名に恥じぬよう成長してくれたと思っている。

 

いまの、こんな私にできることは、間違っても明日なんかに、うっかり不慮の事故にあって死んでしまわないことだ。そんなことにでもなれば、娘は私に発した言葉を生涯気にし続けてしまうかもしれない。そんなことを私は決して望んでいない。

 

最期に、もとい最後に、なぜ私が娘からあのような言葉を受けたかについて、軽く触れておくことにしよう。

 

お風呂から上がった娘があられもない姿でスマホをいじっていたので、このままでは風邪をひいてしまうと心配になり「さっさとパジャマに着替えない」と私は言った。そのことに娘は腹を立てたのだ。

考えてみれば当たり前のことだ。いったいいつまで私を子ども扱いするつもり? ということだろう。私は知らぬ間に、自分は決してそうなるまいと思っていた毒親になっていたのだ。

 

娘はもう3歳だ。

 

それなのに私はどうしても彼女がまだ子どもにしか見えない。自分をしっかり持ち、恋心も覚えたひとりの女性として接することができない。こんな身勝手な父をどうか許して欲しい。そして許されるものなら、もう一度娘の好きだった動物園に行って、私の隣で「パパ」と微笑む娘の顔を見てみたい。

 

追記

今回書いた内容について、半分ネタっぽく書いたつもりだったのですが(それでもウソは書いてませんが)コメントを見るとご心配をかけてしまったようなので追記しておきます。

実際、私もかなりショックを受けて娘を諭すこともできずその場を去ってしまったのですが、妻が後からきちんとフォローしてくれていました。誰かに「死んで」なんて言葉を使ってはいけないことを。私も娘に、とても悲しい気持ちになったことを伝えました。

娘も言ってはいけない言葉だということは、言う前から理解していたふしもあり、仲直りもできました。でも娘は娘で私に腹が立ったのは事実で、またそのことをうまく表現する術をもたないので、今回のようなことになったのだと思います。

これからもいろいろなことが起こるのでしょうけど、ひとつひとつ乗り越えて行きたいです。

ご心配をいただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

twitter やってます。



ぼくらがつけた赤ちゃんの名前に、なにか物申さないと気が済まない実母の話

ご報告が遅れましたが、先日、無事に第三子が誕生しました。あれですね、上の子たちに慣れてると、新生児を抱き上げた瞬間、力加減を間違って後方に飛ばしてしまいそうになるくらい軽いです。いまのところ夜泣きもなく、よく眠る子で助かっています。

 

ところで赤ちゃんが産まれたら名前をつけないといけないわけですが、それで思い出すのは、第一子の名前を僕の母に報告したときのこと。

子どもの名前というのは、ゲームの主人公の名前を決めるときとは比べものにならないくらい真剣に悩んで決めるわけです。ましてや第一子なんだからかなり真面目に考えてつけたのに、実母に報告したら

 

「あ〜、それ、○○さんとこと一緒」

 

と露骨に残念な顔をされたんですねー。

ガチャガチャですでに持ってるおもちゃが出てきたときの子どもじゃあるまいし、もっとこう、第一子が誕生した夫婦にかけるべき言葉はあったでしょうにと思うわけです。

 

第二子は女の子でした。

第一子のときの母の言葉を気にしたわけじゃないですが(いや、結構気にしてたよね)、たしかに第一子の名前は子どもの名前ランキングみたいなのでよく見る名前だったので、あまりかぶらない名前にしようといろいろと頭をひねって考えました。

そうしてつけたところ

 

「食べ物みたいな名前ね」

 

と言われました。

 

そして満を持しての第三子。

 

絶対に何か言われるだろうという変な自信があったため、妻の前で母に公表するのは避けました。産後の妻に余計なストレスを与えたくはなかったので。

そして案の定、今回も母は言いました。

 

「あ〜その名前、大きくなったらぜったいこんなふうにからかわれるね」

 

ほんとに、なにか一言、物申さないと気が済まないようです。もちろん孫がかわいくないとかそういうことはないんです。出産後に遠方からかけつけてくれるし、いろいろと尽くしてくれるんですが、こと名前についてだけは必ず毎度小言を言われるという…

 

なぜ「ステキな名前ね」とその一言が出てこないのだろうと思い、妻と話したら妻が面白いことを言っていました。

 

妻が言うには、僕の母は赤ちゃんの名づけについて何らかの相談をしてもらいたかったんじゃないかと。名付け親になりたかったとまでは言わなくとも、どんな漢字を使うといいかなとか、そういう相談を受けたかったのでは?と妻が言うのです。

正直、その発想はぼくにはなかったんですが、もしかするとそういうことだったのかもしれません。3人も生んだ今さら気がつくのもなんですが。

あと、自分たちと孫とのあいだに、なんらかの関連性が欲しかったのでは?とも言っていて、確かにそれを裏付ける話として、実は第三子のイニシャルが、偶然(これはほんとに偶然)ぼくの母のイニシャルと一致していて、それを喜んでいました。

 

真偽のほどはともかくとして上のような考えを持っていた妻ですが、ぼくの母に名づけについて相談する気はさらさらなかったようです。

それは名付けの相談をして、何らかのアドバイスを受ければそれを無視することはできないからだそう。確かにそれもそうだよな。はなから意見を聞く気がないのなら、意見を求めちゃいけません。

 

ということで、産後初の記事にこの話題を選ぶくらいには、僕もモヤモヤしてるということでした。 

 

twitter やってます。

産褥期という言葉を知っていると男の株は上がるのか?

このブログは時々デリケートな(炎上しやすい)ネタを扱うので、コメントは承認制にしていて、なおかつ最近は全部非表示にしています。

ぼくのことを肯定的に捉えてくれてるコメントだけ表示していたころもあるんですが、そしてそれくらいの権利はぼくのブログなんだしあるだろうとも思っているけど、差別だ、えこひいきだ、とか思われたくないので、もういっそ全部非表示にしています。

記事を書くたび、100件近くの「ほう太パパさん、やさしくってかっこいい、私と結婚して(はあと)」くらいのコメントと、1、2件のネガティヴコメントをもらっていますが、全部非表示です。あー、つら。

 

非表示にはしてますが、通信欄としては機能しています。だから、これからも遠慮なくぼくを褒め称えるコメントをお送りください。

 

ところで先日の記事

 

houta.hatenablog.com

 

のコメントで、とあるかたから「産褥期という言葉を知ってるなんて驚きです」というようなコメントを頂戴しました。そして「私の夫はそんな言葉もそんな時期があることも知りません」とありました。

 

ぼくを絶賛してくれてたので、そのままにしておいてもよかったのですが、ちょっと気になったので、正直に打ち明けます。

産褥期という言葉、ぼくは積極的に知ったわけではありません。現在三人目を妻が妊娠してますが、実は最近になって知りました。もちろん、産後の女性が大変だ、くらいの知識はありましたけど。

 

じゃあ、どうやって産褥期という言葉を知ったかというと、妻がこれ読んでと一冊の本を渡してきたからです。大事なとこ付箋つけておいたからって。だからぼく、付箋のついたところしか読んでません。その程度のへたれです。

 

で、なにを言いたいかというと、もしもこのブログを読んでいるかたが「私の夫は産褥期なんて言葉も知らないのに、ほう太パパは神」とか思うことがあったら、参考図書とか、ウェブの記事とかをパートナーとシェアしてみたらどうかなと思うわけです。

みんながみんな読むとは限りませんが、読む男性もいると思うのです。本当は読んでくれる男性と結婚してるのに、うちの夫には知識がないと嘆くのはもったいないなと。(あ、コメントしてくたひとが嘆いていたわけじゃないです)

 

本来は男性側が率先して学ぶべきなのだとは思います。でも現実的にはなかなか難しかったりするので、よかったら、誠に恐縮ながら女性側から情報提供をもらえると幸いです。

そのとき、さらにわがままが許されるのなら、読むハードルをなるべく下げてほしいということです。

例えばぼくの妻がそうしたように「本を1冊読んで」と言わずに「ここだけ読んで」という感じで付箋をつけておくとかです。ぼくだって、1冊読んでと言われてたら読んでいたか分かりません。

 

なぜぼくがこんなことをわざわざ記事にして公開するかというと、出産に関わる夫婦間のトラブルを少しでも解消したい、日本の出生率を少しでも向上させたい、この高齢化社会をなんとかしたい、と考えているからではなく、週刊文春から「産褥期という言葉を知ってるオレってどう? マジイケてね? とほざいていたほう太パパ、実は付け焼き刃の知識。読んでいた専門書というのもたかだか数ページ!」なんてスクープされる前に、自首したほうがよいと判断したからです。

ということで、今後ともご贔屓に。

 

twitterやってますよん。

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。