ほう太パパの七転び八起き

妻にナイショのブログじゃありません。

10日間、3人の子どもたちと朝から晩まで一緒に過ごすことを課せられた我が家のGWの旅行がこれだ!

10日間もの長い長い休暇を、8歳の長男、5歳の長女、2歳の次男と朝から晩までともにするという前代未聞のミッションを控えていた4月某日、「こりゃなにかイベント的な予定を入れておかないと大変なことになるぞ」と妻と相談し、一泊二日の旅行を企画しました。

 

そして宿泊先に選んだのがこちら!

www.hennnahotel.com

 

ご存じのかたも多いかと思いますが、変なホテルは恐竜ロボットによる受付があり、基本的に人間と接することがないという、近未来なホテルです。変なホテルに宿泊するのは昨年のハウステンボスに続いて2度目。長男の超お気に入りということで、こちらに決めました。

 

変なホテル福岡は、地下鉄沿線にあって、中洲川端という駅から徒歩4分です。そして私たち一家がどこに住んでいるかというと、同じく地下鉄沿線。我が家から地下鉄に乗っている時間はおよそ10分。ええ、そうです、この超至近距離旅行が我が家のGW2019の一大イベントとなったのです。

 

変なホテルに泊まるのであればせめてハウステンボスのほうに・・・そんな声が聞こえてきそうです。ハウステンボスに行くには交通費、それから現地の入場料などがかかるので、節約のためという理由もありますが、それだけではありません。我が家のように小さい子どもがいると、急な体調不良で旅行がキャンセルされることが、ままあります。旅行を予定するときにはそのことがいつも気がかりです。なので万一誰かが体調不良になっても大丈夫なように、キャンセル料がなるべくかからないように、元気なメンバーだけでも無理なく参加できるように、などを意識します。

現に旅行の4日前には次男が、前日にはあれほど旅行を楽しみにしていた長男が嘔吐!

ほらね、やっぱり油断ならない。(ていうか、あれほど次男くんに近づいたら風邪がうつるよと忠告していたにもかかわらず、ちょっかいを出し続けた長男! 言わんこっちゃない)

ホテル宿泊があやぶまれましたが、長男が奇跡の一日回復ぶりを見せて、なんとか予定通りに出発。ほんとよかった。

 

さあ、中洲川端駅に到着しました。家からバリ近!

f:id:houta30:20190505110808j:plain

中洲川端駅

駅を出て歩いていると、なぜか長女が「(保育園の)先生のにおいがする」と言い出して笑ってしまいました。横切った女性が同じ化粧品でも使っていたのかな。

 

途中で道に迷うも、無事に到着。迷ったのは単純に私が方向音痴だっただけ。それにしても道を迷うと怒り出す長女の姿が、最近、妻のそれとぴったり重なって見えるようになりました。あな恐ろしや〜。

f:id:houta30:20190505113016j:plain

変なホテル

建物に入る前、壁画にプロジェクターが投影されていて、動く恐竜の映像が! これだけで子どもたちは大興奮。世界よ、これが変なホテルだ! それにしても、ホテルと恐竜の関連性がまるで分からん!

f:id:houta30:20190505113735j:plain

壁画

そして会えました。受付の恐竜たち!! 5歳の娘は怖がっていましたが・・・。

f:id:houta30:20190505113148j:plain

恐竜@受付

子どもたちの興奮はMAX!! しかし問題はその時刻。チェックインは15時からだというのに、まだ11時過ぎ・・・。しかし変なホテルに行くことを心待ちにしていた子どもたちは、なにはさておき、ホテルを訪れないことには始まらないのです。それ以外はout of 眼中! しかしどうするよ、このあと。

長男に相談するも、

「3時まで待つ」

の一択。

いやいや待つっていったって、いまから4時間だよ、4時間。ロビーと呼べるようなスペースも、座る場所さえないこの場所で。

 

長男は小3ですが、時間という概念が希薄です。1時間と4時間の違いが、ショートケーキとロールケーキくらいの違いしかない。いやいや、メロンとメロンパンくらいには違うぞ、息子よ。しかし、どんなに説得しても動こうとしない。

そのうち12時が近づいて、お昼ご飯だけでも食べに行こうとして、それさえも嫌がる長男をなかば強引に連れ出せた先が、

 

コンビニ。

 

あなたとコンビに。ホテルのすぐ横に立ってたやつ。

 

しかもイートインですらない、コンビニを出てすぐの大通りに面した歩道で、立ったままおにぎりをほおばる、長男と長女と私。

どうだ、これが我が家のGWゆいいつの旅行のランチだ!

 

話を端折りましたが、このとき、妻と次男は別行動していて、1時ごろに合流。

妻が現れたことで気が紛れたのか、さすがにチェックイン前にやれることをやりつくしたのか、長男が動く気になってくれました。結局、お父さんはホテルの前で2時間ほどを過ごしたよ・・・。

 

その後向かった先は、

kidokid.bornelund.co.jp

 

1時間ほどここで遊んで、博多リバレイン内のカフェで遅めのランチというか、早めの夕食みたいなのを食べて、ついに変なホテルにチェックイン!

 

ホテルの部屋はとても素敵なつくりになっていて、驚くことに自由に使えるタブレットとスマートフォンまで設置してあって、長男と長女は動画三昧。我が家ではタブレットもスマホも与えていないので、Youtubeを食い入るように見ていました。HIKAKIN! まーちゃん、おーちゃん!!

晩ご飯を食べにホテルから出て行く気などみじんもありません。そんな我々の救世主になったのがこちら!

 

www.ubereats.com

 

自分たちの代わりにお店まで出向いて買ってきてくれるサービス。つまり普通は宅配サービスを提供していないお店の食べ物が自宅(今回はホテル)にいながらにして食べられるんです。子どもたちがいっこうに部屋を出ようとしないので、本当に助かりました!

 

子どもたちは動画づけ。晩ご飯もろくに食べない、みたいな感じで一日が終わりました・・・。

 

さて、2日目。

・・・と話を続けたいところですが、2日目もチェックアウトぎりぎりまで動画三昧で、朝から疲れたみんなでそのまま地下鉄に乗って帰りました。人によっては信じられない旅行だと思います。ていうか、私自身、信じられない。これを旅行と呼んでいいのかどうか。

賛否両論かとは思いますが、子どもたちがやりたいことに忠実に従って実現させた旅行の結果がこれなんです。実際、子どもたちは満足していました。

ただ、私は子どもたちが好き勝手やってるあいだ読書でもしようかと思っていたんですが、動画の音がうるさすぎてまったく読めませんでした・・・。でもいいんです。子どもたちが喜んでくれれば。

 

ちなみに、超インドアの妻も大満足だったようです。旅行先では、あまりホテルから出ずにじっとしていたいそうな。価値観のちがい? ええ、そればかりですよ、私たち夫婦は。でもそんなこと全く気にならなくなりました。これを人は成長と呼ぶのでしょうか。

 

余談ですが、トイレに入っていると、2歳の次男が「コロコロうんち?」と聞いてきたので「そうだよ、コロコロうんちだよ」と答えてあげました。

 

そんなゴールデンウィークでした。 

 

おしまい。

 

夫婦のデートと子どもの気持ちのどちらを取るか。

タイトルの通りなんですが、このタイトル見て

「はあ!? 子ども最優先に決まっとるじゃろうが、ボケ!」

というひとは、以下をご覧になっても不快になるだけですし、どんなに言葉を尽くして語り合っても互いに分かり合えそうにありませんので、ご退出ください。

 

先日、保育園のイベントがありまして、それに参加するため夫婦ともに休暇を取りました。そして、そのイベントは午前中で終わるので、午後は子どもたちを一時保育(通常預けてる保育園とは別)に預けて、夫婦でデートをする予定を立てました。

 

デートは実に1年ぶりで、フランス料理のランチを予約していました。子どものいらっしゃるかたならご理解いただけるかと思いますが、夫婦でデートなんて、金のエンゼルを引き当てるくらいには難易度の高いものです。祖父母が近くにいるとまだなんとかなるかもしれませんが、我が家は残念ながらそうではありませんし、子どもも、8歳、5歳、2歳と3人いますんで、デートできたらなと思いつつも、その優先度はどうしても低くなります。

 

で、保育園のイベントが終わったあとに、5歳の娘に「このあとは、娘ちゃんの大好きなドラミちゃんお弁当をかって、XXX(一時保育の名前)に行こう」と切り出したんです。

 

しかしこれは完全に私の誤算だったんですが、娘が行きたくないと号泣してしまいました。長女は、アウトドアが大好きで、どこで遊んでも楽しむ性格をしてたので、ちょっとしぶることはあっても、ドラミちゃんお弁当があれば大丈夫だろうと高を括っていました。これについては、全面的に反省しています。

 

号泣する娘を見て、それほどに悲しかったかと初めて気がつきました。でも冷静に考えればその気持ちは十分に理解できます。午前中のイベントをがんばって、お友だちはお父さんお母さんと帰路につくなか、自分だけ一時保育と言われたわけですからね。妻とのデートにうかれていて、考えがいたりませんでした。不徳の致すところです。

 

娘をかわいそうに思いつつも、実に1年ぶりのデートですし、フランス料理の予約をしていますし、どうしたものかと悩みました。娘のことはもちろん大事です。でも、ぼくにとってはそれと同じくらい、妻のことも大切なのです。世間一般の通念として子どもの気持ちを優先すべきという考え方が浸透しているのは十分に理解しています。でも親の犠牲の上に、子どもの幸せを築いてしまうのは避けたいというか、全体として見るとそれは不幸なことだと思っているのです。ええ、分かっています。保育園のイベントのあとに一時保育に預けるのではなく、他の方法で夫婦の時間をつくればいいのです。分かっとるばい、そげんことくらい! それができれば苦労はなか! それができんばってん、こげなことになっとるんやなかね。

 

ということであの手この手で娘の説得を試みました。

「お父さんとお母さんは、いまから仕事で(うそです。うそも方便ということで言っています)どうしても娘ちゃんとは一緒にいられないんだよ」

「コンビニでおもちゃを買っていこうか」

「前に行ったとき弟くんは楽しんでいたみたいよ〜(娘は初めての一時保育でしたが、弟のほうは経験済みだったので)」

「仕事が終わったらすぐに迎えに来るから」

しかしどうしても、首を縦に振らない。

どうしようと迷いつつも、私が娘を抱っこし、妻が弟をベビーカーに乗せて、一時保育の場所に向かいました。

 

その途中で、ちょっとした奇跡が起きます。弟くんがベビーカーで寝てくれました。ここでひとつの打開策が見えました。眠りこんだ弟くんだけを一時保育に預け、娘をつれてフランス料理を食べに行くというアイデアです。娘を一緒につれていくというのは考えなくもなかったんですが、さすがに弟くんだけを預けるのはかわいそうだなと思ったんです。しかし弟くんが寝てくれているなら、寝ている状態のまま一時保育に預けられます。もちろん、起きたときにお父さんとお母さんがそばにいないということで泣くとは思いましたが、申し訳ないがそこはもうがまんしてくれと。弟くんは初めての一時保育ではなかったし。

 

補足:子どもふたりをつれて、4人でフランス料理を食べに行けばよかったじゃん、という意見があるかもしれません。たしかにできなくはないでしょう。ですが、私たち夫婦としては育児に追われる日常から抜け出したかったのです。私たちはフランス料理を食べたかったわけじゃないんです。育児を離れて夫婦だけの時間をもちたかったのです。

 

本題に戻ります。2歳の弟くんを一時保育に預け、娘を連れて出かけるという選択肢が現実味を帯びてきました。しかしです、娘を連れて行くには大きな問題がありました。娘を説得することを優先したあまり、お父さんとお母さんはいまから仕事だと、うそをついていたことです。このままじゃフランス料理を食べにはいけない。

 

どうしたらいいか迷いましたが、もう、正直に打ち明けて謝りました。さっきお父さんは娘ちゃんに、お父さんとお母さんは仕事だと言ったけど、それはうそだったと。本当はお父さんとお母さんとでご飯を食べに行こうとしていたのだと。どうして娘ちゃんを連れて行こうとしなかったというと、娘ちゃんが行っても好きな料理がないし、楽しくないと思うと思ったから。でも、それは娘ちゃんが決めることだよね。お父さんとお母さんと一緒にご飯を食べに行きたかったら、一緒に来てもいいよと。

 

ちゃんと謝ったら娘は許してくれました。そして一緒に行くことになりました。

 

妻からの提案で、フランス料理を食べる前に、娘ちゃんに洋服と靴を買うことになりました。というのも、保育園のイベント用の格好をしていたので、フランス料理を食べに行くにはあんまりな格好をしていたのです。でも、正直言うと、ぼくは「あんまりな格好」とは思っていなくて、そういう発想をして新しい服を買ってあげる妻はぼくにはない優しさをもっているなあと思いました。

 

そして無事に家族3人でフランス料理を食べました。幸いお店のほうも急な子どもの参加を快く受け入れてくださいましたし、お子さまランチもありました。食事中、娘はとてもいい子にしてくれていて、夫婦だけの時間とはいかなくても、とても楽しいかけがえのない時間を過ごすことができました。特に娘が出すクイズに夫婦で答えるのは楽しかった。うちには子どもが3人いるので、ひとりで両親を独占することはめったにないんですが、結果的には娘にとって特別な日になりました。店員さんに「今日は娘さんの記念日ですか?」とか聞かれました。おニューの服を着て、たしかにそんな感じでしたね。

 

ということで、夫婦のデートはまた次の機会に。1年後かもしれんけど! そして弟くんよ、今回はごめんよ。次は君の番だ。いつか3人で出かけよう。

 

 

 

小学2年生の息子に宿題の習慣をつけるために我が家でやっていること

もう何度も書いたことなので、あらためて書くのも面倒なのだけど、もしかしたらこの記事を最初に見る人もいるかもしれないので書いておく。

 

小学2年生の長男は宿題をやらない。もう驚くほどやらない。そしてやらないことで本人は(おそらく)あせりのたぐいを感じていない。先生には宿題をやってくるよう、もちろん言われているが、ほとんどこたえていない。

 

長男に宿題をさせるため、私もいろいろと画策したが、どれも功を奏することがなかった。先生と私のあいだで、連絡帳や電話を通じて何度も長男の宿題のことで話し合った。非常に親身に接してくださる先生であることをまずは明記しておきたい。

 

長男に宿題をさせるため、あらゆる方法を試したと書いたけど、ひとつゆずれないことが私にはあって、宿題を無理矢理させることで、勉強嫌いにはしたくないのだ。だから、基本的に宿題をやらないとペナルティを与えるという手段はとってこなかった。

 

ようやく本題なのだが、ある日先生からこの方法を試してみては?と提案されたのが、長男と一緒に宿題に向かい、例えば計算ドリルであれば問題部分は私が書いて、答えだけを長男に書かせるというものだった。

 

宿題はあくまで本人がやるべきものという固定観念があった私にはこのやり方は驚きだったし、正直それでいいの?と思った。しかし、担任の先生がおっしゃっているのだしと、とりあえず試してみることにした。

 

その結果、100パーセントうまくいってるわけではないけれど、おおむね良好な仕上がりとなった。漢字ドリルであれば本来は同じ漢字を十数回かかないといけないが、長男には5回だけ書かせている。そのほかは、私が書いているのだ。まさか40歳にもなって漢字を書き取ることになるとは思いもよらなかったよ、わしゃ。

 

計算ドリルにいたっては、問題のみならず答えも私が書いている。長男は計算を口で答えるだけ。例えば「12引く5は?」と聞いて「7」と答えさせて、私がノートに7と書く。3桁の筆算とか40歳には微妙に難しく、ボケ防止になっている。やったね!

 

そんなこんなでなんとか宿題をやっているのだが、こんなやり方にどれほどの意味があるのか、と思われるかたもいるかもしれない。そんな人のために書いておくと、このあいだの3連休の最終日、長男が自ら「宿題はいつしよう」と言い出したのだ。あの長男が!

 

長男の頭の中に、宿題をやらなきゃという意思が芽生えた瞬間であった。おそらく、宿題をやらない(やれない)子とひとくくりにするのは乱暴で、そのやれないには様々な段階がある。やろうと思っても授業内容を理解しておらずやれない子、集中力が続かない子、宿題の存在を忘れている子、そもそもやろうという気持ちにさえならない子。

 

長男の場合は、上にあげた宿題をやれないパターンのすべてに該当しているような気もするが、私と一緒に席につき、私がえんぴつを手にしてノートに書くことで、ようやく宿題の習慣が身についていっているように見える。宿題に取り組むハードルが下がったのだ。ほんとに少しずつだけど。まずはこうやって、宿題をやるという習慣を身につけることが先決で、学力をつけるというのは、二の次、三の次という感じだ。

 

ちなみに完全に自力で長男に宿題をさせていたころは、なんとか机に向かっても、最初の漢字の途中(例えば横線引いただけとか)で、ばたりと突っ伏したり、寝そべったり、部屋を出ていったりだった。本当にたった一文字の漢字を書くだけに10分とか平気でかかる。そして妹への暴言暴力でストレス発散をし始める。長男の宿題が家族全員のストレスになって重い空気で満たされるのだ。大げさでもなんでもなく。本人の学力向上につながるともとうてい思えない。

 

現在の長男の宿題ノートは、ほとんど私が書いているけれど、それでもまずは平穏に宿題の習慣を身につけさせるには、とてもいい方法のように思う。ただし、私と同じような悩みを抱え、この記事を読んで同じ方法を試そうと思われる場合は、まずはそのことを担任の先生に相談したほうがよいだろうと思います。

 

twitter やってます

 

※ブログ記事へのコメントは可能ですが表示はされません。